Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

食べて 食べて また食べて♪
    0 0

    ホテル ファーストイン高松から約100m北上した場所にある
    『北浜えびす 海鮮食堂』
    海鮮食堂_外観2.jpg


    そのまま真っ直ぐ北上すると<北浜アリー>に着く道で、
    店舗の北側に10台以上の駐車場があります。

    「高松市東部漁業協同組合」が経営する海に面した食堂で、
    たくさんの漁船が碇泊しているというロケーションが最高♪
    海鮮食堂_漁船2.jpg

    しかも客席も道路側から見た店舗から想像するよりずっと広くて
    色んな魚が泳いでる生簀まであって、ちょっとした旅行に来たような気分にさせてくれます◎
    海鮮食堂_店内2.jpg
    海鮮食堂_水槽2.jpg


    料理に使う海の幸は基本的に漁師さんが捕ってきた物なので
    季節によって種類が変わるし、どれも売り切れ次第終了の早い者勝ちというのもいい♪

    だけどメニューの種類は多いので、全部が売り切れてるという事は無いと思います。

    しかも「真あじの活け造り」に関しては
    店内にある生簀から魚を取り出してすぐに調理してくれて
    税込900円という安さに驚きです◎


    で、そんなお店で注文したのは「ジャンボ大海老フライ定食 1,200円」。

    以前、『いただきさんの海鮮食堂』で食べたエビフライが美味しかったので
    同じような雰囲気を感じるお店に期待を込めて注文してみました。


    そして待つこと約7分で完成した海老フライは、
    全長20cmくらいある大きな物が2尾も入ってるじゃありませんか!!
    海鮮食堂_ジャンボ大海老フライ定食2.jpg

    前述の活け造りの値段にも驚きましたが、海老フライ定食の安さは尋常ではありません☆

    しかも全長が長いだけでなく、太さもそこそこあるので重量感も手伝って豪勢に感じるし
    何よりも冷凍では絶対に味わえない海老の強烈な風味と旨みが口の中で弾けて美味しい☆☆
    海鮮食堂_ジャンボ大海老フライ2.jpg

    しっかり揚がってるので身の部分はもちろん、
    頭も尻尾も香ばしくてバリバリと音を鳴らしながら全部食べきってしまいました♪


    そしてメインの海老フライ以外のタコとキュウリの酢の物と魚のあら汁も
    さすが漁師さんが捕ってきた地のものを使ってるだけあって風味が全然違います◎

    特に魚のあら汁は、個人的に今迄で一番美味しくて
    この定食なら2,000円払ってもいいと思うくらい満足度が高かったです☆


    あと、食べてる途中で厨房の人が出てきて生簀に餌を入れてたので話を聞いてみると
    さっき活け造りを注文したお客さんの時に出た中落ちを細かく刻んで水槽に入れてるんだとか。

    「ついさっきまで一緒に泳っぎょたやつなのになーw 共食いと一緒じゃわww」
    と言いながら笑顔で色々と話してくれて、料理だけでなく人柄の良さも素晴らしいお店でした♪


    ▽メニュー紹介
    ※常に変わる為、参考までに
    「さしみ定食 750円」
    「塩焼き定食 750円」
    「えびの天ぷら定食 750円」
    「鯛(カマ)塩焼き定食 750円」
    「白身魚の大大葉巻き天ぷら定食 750円」
    「ままかりのフライ定食 750円」
    「地たこ天ぷら定食 750円」
    「ぶり(カマ)塩焼き定食 750円」
    「いかの天ぷら定食 750円」
    「小海老のかき揚げ定食 750円」
    「ジャンボ大海老フライ定食 1,200円」
    「しらす丼定食 900円」
    「ホタテのフライ定食 1,000円」
    「真あじの活け造り 単品900円/定食1,200円」


    【住】香川県高松市北浜町103-5
    【電】087-821-4155
    【営】11:00~14:00
    【休】土・日・祝
    【席】50席
    【駐】18台




    0 0

    北浜alley内にある
    『BOOK MARUTE(ブック マルテ)』


    『umie (ウミエ)』があるのと同じ西側の倉庫の2階にある
    古道具と写真集の販売、ギャラリー、ゲストハウスも運営しているお店♪
    ブックマルテ-外観2.jpg
    ブックマルテ-階段2.jpg

    その店内の一画でかき氷が食べられるというので行ってみました◎

    そういえば、北浜アリーに寄るのは久しぶりだったけど相変わらずオシャレですねー♪
    <瀬戸内国際芸術祭>もそうだけど、
    せっかく身近にこういう芸術的センスを養える場所があるのに
    あまり利用してない事に勿体無さを感じてしまう今日この頃。

    とか言いながらあまり他の人の影響を受けず、
    自分流のセンスを磨きたいとも思うので難しいところ。

    倉庫の階段を上がって最初の部屋が今回のお店ですが、
    そこに至るまでに色々を考えさせらるだけでも来た価値があったというものです。
    ブックマルテ-踊り場2.jpg


    で、入口の前に着くと“氷”の暖簾を発見!
    事前情報が無ければ、何でこんな所にこんな物があるのか不思議に思うだけだったと思うし
    入口のガラス部分から店内を覗いても本が並んでるのが見えるだけなので
    きっとこれはオシャレの一部なんだと思って通り過ぎていたはず。
    ブックマルテ-入口2.jpg

    それでも扉を開けながら、「ここってかき氷が食べられるんですか?」と聞いてみると
    若くて明るい女性スタッフさんが「はい!食べられますよ。」と、
    店の奥に客席があるのを案内してくれました◎
    ブックマルテ-店内手前から2.jpg
    ブックマルテ-店内奥から2.jpg


    するとそこには、本などの販売スペースとはまた違った雰囲気の空間が存在していて
    5席だけの小さなスペースでありながら窮屈さを感じない開放感がありました♪
    ブックマルテ-客席2.jpg

    そして座った席の目の前にちょうど黒板のメニューがあったので見てみると
    かき氷は1種類だけだったし、トッピング等の追加メニューもなかったので無条件でそれを注文。

    後で聞いた話ですが、種類も頻繁に変わらないとの事なので
    しばらくは「愛媛県産 河内晩柑(かわちばんかん)600円」が食べられます◎

    といっても、かき氷は夏期限定メニューらしいので
    かき氷好きの人は今のチャンスを逃さずに食べに行くのをオススメします♪


    さて、注文した後、特に何もせず待っていると
    最初に案内してくれたスタッフさんが、
    「このかき氷のシロップは、彼女が考えてくれたんですよ。」
    と、私が来る前からいた女性を紹介してくれたのですが、この人がすごかった!!

    みかんに代表される柑橘類が大好きで、
    全国色んな所に食べに行ってるだけでもすごいと思ったのに
    <みかんのよみもの>という自作の小冊子をもらったので読んでみたら
    単純に柑橘類が好きという枠を遥かに超えた、柑橘の博士でした♪

    更に、<NPO法人柑橘ソムリエ愛媛>という団体にも所属しているし
    身に着けているバッチ、イヤリング、ペットホルダーにも柑橘類という徹底ぶり◎

    しかも香川出身でも、愛媛出身でもない東京出身の彼女は
    東京と愛媛と香川を行ったりきたりしてるとうのもすごい!!
    ブックマルテ-みかんちゃん2.jpg


    私も、男のわりに柑橘類が好きで
    冬場になると温州みかんの10kg箱を1週間で完食したりするけど、
    ただ単に食べる量が多いだけで存在そのものに対しての知識も無ければ
    食べてきた種類も、彼女の足元にも及びません!

    この若さで、一つの物に尋常ならざる情熱を注いでる人に出会えて感動したし、
    是非とも「マツコの知らない世界」とかで紹介されて
    全国的にも有名になってほしい人と思える人に出えて幸せな七夕でした☆☆☆
    ブックマルテ-店主とみかんちゃん2.jpg


    という楽しい時間を過ごしているうちにカキ氷が完成♪
    ブックマルテ-カキ氷2.jpg

    河内晩柑という品種を始めて味わったけど、
    ほのかに八朔のような渋みがあって、甘夏のような上品な甘さを感じる。

    なので温州みかんや伊予柑のように強い甘さを感じないぶん
    蜂蜜を加えて、爽やかさと濃厚さを兼ね備えたシロップに仕上げていて美味しかった☆

    氷自体はガリガリ食感のタイプで、このシンプルさから感じる懐かしさと
    洗練されたシロップが口の中で溶け合って融合するのが最高でした◎


    という感じで、オシャレな空間で美味しいカキ氷を食べられただけでなく
    歳に関係なく尊敬できる人物に出会えて本当に楽しい時間を過ごせました♪


    ▽メニュー紹介

    ▼かき氷
    「愛媛県産 河内晩柑(かわちばんかん) 600円」
    「コーヒー(れん乳がけ) 600円」

    ▼ドリンク
    「コーヒー(グアテマラ)hot/ice 600円」
    「コーヒー(台湾)hot/ice 600円」
    「愛媛県産 河内晩柑(かわちばんかん)シロップのソーダ割 600円」


    【住】香川県高松市北浜町3-2 北浜alley内
    【電】090-1322-5834
    【営】13:00~20:00/土日祝11:00~20:00
    【休】水曜
    【席】カウンター5席
    【駐】共有駐車場有り




    0 0

    三木国分寺線沿い、ゲオ川島店の東隣の商業施設の一画にある
    『珈琲とサンドイッチの店 KU.RU.MI(くるみ)』
    くるみ-外観2.jpg


    飲食店を中心に8軒のお店が並んでいますが、
    『KU.RU.MI』は向かって一番右側で、昔は『笑み家』というお好み焼きがあった場所です。

    当然ながらその頃とは雰囲気が全く違っていて、
    昼間でも少し暗くして温かな照明でオシャレな空間になっています。
    くるみ-店内2.jpg

    全体的な色使いがダークブラウンなので大人が落ち着ける感じなのがいい♪

    で、その店のイメージをそのまま反映したような上品な女性が切り盛りしていて
    カウンター席にはスタッフとの会話を楽しみに来店する常連さんも多そうですね。


    店の肩書きにある通りコーヒーとサンドイッチが推しですが
    メニューに載ってる写真を見る限り、フレンチトーストのレベルが高そうだったので
    「蜂蜜&アイスクリーム 600円」を注文◎

    ちなみに3種類あるフレンチトーストは、
    どれもスモールサイズがちょうど半額で食べられますが量は3分の1になるそうです。

    もし、スモールサイズが半額で量も半分だったら3種類全部食べようかと思ったけど
    それは次の機会にサンドイッチと共に注文しようと思います。


    そして待つこと約8分で完成したフレンチトーストは見るからに柔らかそう♪
    くるみ-フレンチトースト2.jpg

    しかし、ナイフとフォークを入れた瞬間に想像を超える柔らかさとジューシーさにビックリ!!
    ナイフが吸い込まれるように入って行く時、断面から”ジュワッ!ジュワッ!!”と
    音を鳴らしながらソースが溢れ出る光景は、肉汁たっぷりのハンバーグのシズル感に匹敵します☆

    というか、切る時に音が鳴るフレンチトーストに出会ったのは初めてだったので
    それだけで少し感動してしまいましたが、味もやはりレベルが高くてすごく美味しい☆♪♪
    くるみ-フレンチトーストアップ2.jpg

    フレンチトーストにそんな違いがあるのかと言われるかもしれませんが
    とろとろのオムライスかと思うくらいの柔らかさと
    表面の適度な焦げ目により感じる香ばしさ、
    しっかり甘いのに甘すぎないフレンチトーストのソース、
    どれをとっても私の中のフレンチトーストの黄金率に近くて最高でした◎

    なので、結構な量があるにもかかわらずあっという間に完食してしまいました♪

    添えられたホイップクリームやアイスと一緒に食べると
    甘さが濃厚になるし、色んな味を愉しめますが
    やっぱり何もつけずにそのまま食べるのが最高◎

    これほどレベルの高いフレンチトーストを提供してるという事は
    推しメニューのサンドイッチは更に満足度が高いと思うので
    ますます再訪しがいのあるお店でした♪


    あと、1杯目と同じドリンクに限るとはいえ
    全ドリンクのおかわりが100円というのも太っ腹のサービスだし
    雨の日に利用すると「雨の日にようこそサービス」という名目で
    お会計時に100円安くしてくれるのもいい◎

    ちなみにお昼どきの11:30~13:00は禁煙タイムらしいので
    愛煙家の人達はご注意ください。


    ▽メニュー紹介

    ▼モーニングセット
    ※7:00~11:00
    「トーストモーニング 500円」
    「芋パンモーニング 500円」
    「モーニングドリンク 380円」

    ▼トースト
    ※8:00~16:00
    「山パンのトースト 300円」
    「芋パンのトースト 300円」
    「ベーコントースト 500円」
    「クロックムッシュ 500円」
    「明太ポテトトースト 500円」
    「サービスセット 400円」
    「ドリンクセット 300円」
    「サラダ 100円」
    「スープ 100円」

    ▼サンドイッチ
    ※8:00~16:00
    「ミックスサンド 580円」
    「オムレツサンド 500円」
    「塩サバの竜田揚げサンド 650円」
    「B.L.Tサンド 650円」
    「ロースカツサンド 700円」
    「ロコモコサンド 700円」
    「エビフライサンド 700円」
    「チキン何番サンド 650円」
    「野菜たっぷりツナサンド 550円」
    「照焼チキンサンド 650円」
    「バジルチーズサンド 500円」
    「明太ポテト 500円」

    ▼フレンチトースト
    ※8:00~16:00
    「蜂蜜&アイスクリーム 600円/Small 300円」
    「チョコ&ベリー 700円/Small 350円」
    「カラメル&ナッツ 700円/Small 350円」


    【住】香川県高松市川島東町523-4
    【電】087-899-8228
    【営】7:00~17:00(サンドイッチLo.16:00)
    【休】日曜
    【席】20席
    【駐】共有駐車場有り




    0 0

    マルヨシセンター今里店の駐車場の一画にある
    『WHIPPERS(ホイッパーズ)』


    サン・フラワー通り側からマルヨシセンターに入ってすぐ左側に立ってる小屋がお店♪

    車で通ってると目に飛び込んできたのが全身牛柄の小屋!
    しかも横にはソフトクリームの看板が!!
    ホイッパーズー背中2.jpg

    もしや牧場のソフトクリームが食べられるお店じゃないか!?
    と思いつつンドルを切って正面に回ってみると
    ミントブルーと木目でデザインされた全く違う印象に少し戸惑う。
    ホイッパーズー外観2.jpg


    でも、予想が外れた訳ではなかった。

    メニューを見ると、牛乳たっぷりのソフトクリームが紹介されていたので
    一応、最初の印象どおりの物を売ってるお店でしたが
    それ以上に推してるのがクロッカンシューだったという結末。

    しかし恥ずかしながら未だかつてクロッカンシューなる物を食べた事が無くて
    どんな感じだろうと思いつつ、店イチオシの「モーモープレミアム 280円」と
    見た目に惹かれた「モーモーコーン 350円」を注文。


    「モーモープレミアム」を渡してくれる時、お持ち帰りの時間を聞かれたので
    本来はドライアイスを袋に入れてくれるのかもしれませんが、私はその場で直喰いww
    ホイッパーズーモーモープレミアム2.jpg

    クロッカンシューとパイを融合したという商品は
    表面を覆ったガリガリ食感のクッキーのような香ばしさと
    下のパイ層の軽くてサクサクの食感と
    間に挟まれた濃厚でまろやかなカスタードクリームの組み合わせが最高で美味しい♪♪
    ホイッパーズーモーモープレミアム中身2.jpg

    これは自分だけでなく、誰かにお土産に買って行ってあげたくなる商品ですね◎



    そして「モーモーコーン」。
    これは手渡し限定商品なので自分用にオススメ♪
    ホイッパーズーモーモーコーン2.jpg

    薄い焼き菓子を巻いたような“ラングドシャコーン”の中に生クリームとカスタードを絞り出し、
    表面をバーナーで炙ったクレームブリュレのようなスイーツ◎

    そのとろけ具合は半端ではなく、
    ソフトクリームでもないのに写真を撮ってるうちに溶け出してきそうになるほど。

    なので食べ心地の柔らかさも抜群で、固形を保ってるのが不思議に思えるし
    なめらかな甘さと炙った部分のほろ苦さがクセになる一品です♪

    コーンの部分も軽くてサクサクで上品な甘さが女性に人気出そうな感じでした。


    で、結局はソフトクリームを食べなかったけど
    思いがけず新感覚のスイーツに出会えて良かったです◎

    ちなみにこのお店は、マユリ~ナさんの記事によると
    2017年6月5日にオープンしたばかりで、
    隣にある『讃岐饂飩 やぐらや 今里店』が経営してるそうです。

    ▽マユリ~ナさんの記事
    http://kure.ashita-sanuki.jp/e1016339.html


    ▽メニュー紹介

    ▼FOOD
    「モーもープレミアム 280円」
    「ガリガリモーモー 180円」
    「チョコモーモー 130円」
    「モーモーコーン 350円」
    「モーモーソフト 230円」

    ▼DRINK
    「ホットコーヒー 180円」
    「アイスコーヒー 200円」
    「アイスラテ 300円」
    「モーモーアイスコーヒー 300円」
    「モーモー牛乳 200円」


    【住】香川県高松市今里町1丁目492-3
    【電】070-5687-7791(やぐらやと共通)
    【営】11:00~20:00
    【休】日曜
    【席】テイクアウト専門
    【駐】共有駐車場有




    0 0

    JR渋谷駅から徒歩約5分、井ノ頭通り沿いにあるビルZERO GATEの地下1階にある
    『舞踏の国のアリス(Alice in a dancing land)』
    舞踏の国のアリス-外観2.jpg


    増田セバスチャンプロデュースの『KAWAII MONSTER CAFE』なども手がける
    「Diamond Dining(ダイヤモンドダイニング)」が展開する業態の一つで、
    <アリスのファンタジーレストラン>というブランド名でありながら
    「不思議の国のアリス」をテーマにした洋風居酒屋と紹介されてます。

    しかも不思議の国のアリスをテーマにしたお店だけで7店舗あって、
    この『舞踏の国のアリス』は6店舗にできたお店だそうです。

    ちなみに他のお店は
    『銀幕の国のアリス』『迷宮の国のアリス』『古城の国のアリス』
    『絵本の国のアリス』『魔法の国のアリス』『幻想の国のアリス』
    という感じで、それぞれ微妙にコンセプトが違っていてるので店内の装飾やメニューも違います。

    更に、この会社がオリジナルで作ったアリスではなくて
    <ルイス・キャロル原作>のアリスをコンセプトにしているので
    コアなアリスファンも喜ぶと思います♪


    で、今回ここのお店を選んだのは店舗中央にある
    メリーゴーランドを模した席のインパクトがすごかかったからです。

    ビルに入り、地下に降りる階段の下にトランプ兵が待ち構えてるだけで
    不思議の国へと誘われてる感覚に陥りますが
    階段を降りきって曲がった先にある店内の美しさに心奪われます☆
    舞踏の国のアリス-階段2.jpg

    前述のメリーゴーランド席を見下ろす光景は異世界そのもの♪
    舞踏の国のアリス-店内上から2.jpg

    もちろん他にも可愛くて美しいデザインが至るところに施されていて
    壁一面に描かれた<ルイス・キャロル>の絵や
    ステンドグラスが美しい<チェシャ猫のダンスフロア>等が見事です◎
    舞踏の国のアリス-壁2.jpg
    舞踏の国のアリス-店内2.jpg

    他にも<帽子屋のシークレットパーティー>という個室も用意されてるそうなので
    気になる人は予約してから行ってみて下さい。


    そんなお店なので店員さんの服装もアリスをコンセプトにしていて、
    男性はピエロ、女性はアリス風のデザインなのが面白い♪

    あと、店に入って受付を済ませると女性男性関係無く
    ウサギの耳のカチューシャを貸し出してくれるので、
    お客さん自身もアリスの世界の住人になって写真を撮りまくりましょう◎

    もちろん私は、おっさんなのでもらいませんでしたけどww


    そんなお店で注文したのは
    「チキンとキタアカリのトマト煮込みプレート 1,280円」と
    「つくば鶏の生ハムとお野菜のオープンサンドプレート 1,000円」。

    ランチ営業の開始直後に入店しましたが、
    先に入ってる予約のお客さんが結構多くて約17分待った頃に完成。

    というか、何も考えずに店に入りましたが予約無しで入れてラッキーでした♪


    で、完成した料理はカフェ風のオシャレな出来栄えだったのが意外。
    舞踏の国のアリス-チキンとキタアカリのトマト煮込みプレート2.jpg
    舞踏の国のアリス-つくば鶏の生ハムとお野菜のオープンサンドプレート2.jpg

    てっきりアリスをテーマにした盛り付けや飾りをしてると思ったのに
    しっかり真面目に作ったビジュアルと、見た目の想像通りの安定した味に驚きました。

    ある意味、こういうコンセプト系のお店の料理は
    見た目だけに偏って、味をないがしろにしてる場合もあるので良かったです。


    ただ、今回はランチしか食べてないので
    ディナータイムの料理は全く違うかもしれません。


    ▽ランチメニュー紹介

    ▼プレート
    「チキンとキタアカリのトマト煮込みプレート 1,280円」
    「煮込みデミグラスハンバーグプレート 1,380円」
    「具だくさんスープとお野菜のプレート 1,200円」
    「つくば鶏の生ハムとお野菜のオープンサンドプレート 1,000円」
    「イートミートスパゲッティプレート 1,200円」
    「カルボナーラスパゲッティープレート 1,200円」

    ▼単品
    「おかわりパン 200円」
    「イートミープレート(前菜の盛り合わせ) 500円」

    ▼デザート
    ※ランチをご注文のお客様のみご注文できます。
    「ハートの女王様のベイクドチーズケーキ ~ベリーソースをかけて~ 480円」
    「チェシャ猫のミックスベリーのロールケーキ 650円」
    「チェシャ猫チョコレートブラウニー 580円」
    「舞踏の国のグラスアイス 380円」


    【住】東京都渋谷区宇田川町16番9号 渋谷ZERO GATE B1F
    【電】03-3770-2750
    【営】11:00~16:00(Lo.15:30)/17:00~23:30(Lo.23:00)
    【休】無休(渋谷ZERO GATEに準ずる)
    【席】95席
    【駐】無し




    0 0

    JR渋谷駅から徒歩約7分、渋谷神南にある
    『IRON PLATE CAFE Sapling(サップリング)』
    サップリング-外観2.jpg


    人気もんじゃ焼き店『大木屋』がオープンした鉄板焼きカフェ。

    と言っても、オシャレな雰囲気のお店でもんじゃ焼きを食べるのではなくて
    バンズにフレンチトーストを使用したハンバーガーが食べられる異色のお店。

    で、鉄板焼き屋さんが母体だけあってオージービーフの中でも
    最高級とされるロンググレインのリブロースを使っているそうです。


    で、店舗は木をふんだんに使ったオシャレな空間なので
    何となくログハウスにいるような感覚にもなるし
    2階席は外の光がたくさん射し込むのが気持ちいい。
    サップリング-カウンター2.jpg
    サップリング-店内2.jpg
    サップリング-窓際席2.jpg


    そんなお店で注文したのはフレンチステーキバーガーの中から
    「Wチーズ 1,500円」をチョイス。

    そして待つこと約7分で完成したバーガーは
    本当にフレンチトーストの間にステーキとチーズが挟まれてる♪
    サップリング-Wチーズ俯瞰2.jpg

    その見た目のインパクトもすごいけど、
    さすが鉄板焼き屋さんが経営してるだけあってステーキとチーズのシズル感が素晴らしい◎
    サップリング-Wチーズ2.jpg

    で、早速食べてみるとフレンチトーストの味がかなり控えめでした。

    肉との相性も考えて研究したというバンズは
    スーパーフードのアマラサンサスを使って、栄養面にも気をつけているとの事ですが
    個人的には甘くて柔らかいフレンチトーストとの組み合わせて食べてみたかった。

    なので、フレンチトーストというよりイングリッシュマフィンで挟んでるような味の印象で
    想像していたよりは意外性が少なかったです。

    しかし、ステーキは見た目の良さを裏切らない質の高い味で旨味が強い♪
    それに加えてチェダーチーズとモッツァレラチーズとの相性も抜群で
    鉄板焼き屋さんの底力を感じました◎


    あと、食事系のフレンチトーストバーガーだけでなく
    デザート系も用意されていて、抹茶バーガーとかすごく気になるメニューもありましたが
    フレンチティラミスバーガーの中から「ブルーベリー 950円」も食べてみましたが
    これもフレンチトーストの甘さが控えでしっかりした食感に仕上がってました。
    サップリング-ブルーベリー2.jpg

    それでも表面のココアパウダーのビターな味わいと
    自家製ブルーベリージャムの相性は良かったし
    アイスも付いていていい感じでした。


    という感じで、勝手に想像していた甘いハンバーガーではありませんでしたが
    肉の味の良さで、母体のもんじゃ焼き屋さんに興味が沸いたので
    機会があれば行ってみようと思います。


    ▽メニュー紹介

    ▼Meal

    ◇French Steak Burger
    「プレーン 1,380円」
    「大木屋ソース 1,480円」
    「おろしポン酢 1,450円」
    「Wチーズ 1,500円」
    「アボカド ~ワカモレ風~ 1,450円」

    ◇French Chicken Burger
    「プレーン 1,080円」
    「大木屋ソース 1,180円」
    「おろしポン酢 1,150円」
    「Wチーズ 1,200円」
    「アボカド ~ワカモレ風~ 1,150円」
    ◇French Burger
    「スパム 880円」
    「大木屋メンチカツ 900円」
    「サーモンフライ ~おろしポン酢 or タルタル~ 1,000円」
    「エビフライ 1,100円」

    ▼Sweets

    ◇フレンチカスタードバーガー
    「イチゴ 850円」
    「ブルーベリー 850円」
    「キウイフルーツ 820円」
    「MIXベリー 900円」
    「バナナソテー 850円」
    「ローストアップル 950円」
    「プレーン 750円」

    ◇フレンチ抹茶バーガー
    「イチゴ 850円」
    「ブルーベリー 850円」
    「キウイフルーツ 820円」
    「バナナソテー 850円」
    「プレーン 750円」
    「MIXベリー 900円」

    ◇フレンチティラミスバーガー
    「キャラメルナッツ 950円」
    「バナナソテー 980円」
    「イチゴ(自家製ジャム) 950円」
    「ブルーベリー(自家製ジャム) 950円」
    「プレーン 900円」
    「キウイフルーツ(自家製ジャム) 950円」


    【住】東京都渋谷区神南1-17-2 DIX神南1-2F
    【電】03-6455-1343
    【営】月~土11:30~22:30/日・祝11:30~21:30
    【休】無休
    【席】50席(1階20席/2階30席)
    【駐】無し




    0 0
  • 07/12/17--08:00: 『篝(かがり)』
  • 地下鉄<銀座駅>から徒歩約2分、JR<有楽町駅>から徒歩約5分の場所にある
    『篝(かがり)』


    「ミシュランガイド」の中でも5,000円以下で食べられるお店を紹介する
    「ビブグルマン」に2年連続取り上げられたラーメン屋さん♪

    そのため、開店前から行列ができるのが当たり前なので
    通りから少し入った路地という立地ながらすぐに発見できるのが便利。
    篝-行列2.jpg

    しかも半数が外国の人達という事で店の案内板やメニューに英語表記があるのはもちろん
    店員さんも流暢な英語を話せるのもミシュランに紹介された要因の一つかもしれません◎

    しかし、人気ぶりにあぐらをかいてる様子も見られず、
    メニューの内容を細かく聞いても丁寧に教えてくれたし
    暑そうにしている人には日傘を貸してあげていたし
    男女問わずお客さん全員に紙エプロンを使うかどうか聞いたりする対応も素晴らしかった♪


    ちなみにこのお店から徒歩約4分の場所に『篝 Echika fit 銀座店』という支店がありますが
    全く同じ味で提供しているかは未確認の為、不明。

    ただ、本店よりも開店時間が1時間早いのと
    地下街にあるという事で雨天や暑すぎる日にはこちらのほうが使いやすいと思います。

    なので本店から近いし並び始めた10時40分にはすでに開店していたので
    Echika fit 銀座店に行こうかと思ったけど、せっかくなのでそのまま並んでみました。
    篝-外観2.jpg

    で、この時点で私の前に17人がいて店内に入れたのは43分後でした。
    ラーメン屋さんにしては回転率が遅めですが、外国の人達への説明があったり
    その人達が、どうやって利用したらいいのかという戸惑いもあるのでこのくらいかかるようです。


    そんなお店の店内は和食店のような粋な雰囲気があるし
    店員さんの作業着が白衣なのも職人らしさが伝わってきます◎
    篝-店内2.jpg


    そして注文したのは「鶏白湯SOBA 並950円」。
    5種類しかないメニューの中でも、これが推し麺だと教えてくれたので迷わずにチョイス。

    それから待つこと約3分で完成したラーメンは見るからにクリーミーさが伝わってくる鶏白湯で、
    鶏チャーシューや季節の野菜のトッピングの盛り付けも綺麗だし、上品さが半端ではありません♪
    篝-鶏白湯SOBA2.jpg


    当然ながら味も秀逸で、
    これでもか!というくらい鶏の旨味が凝縮されているのに全くクセや臭みが無いし
    見た目通り、まろやかさが喉を通る度に心地良くて美味しい☆♪♪

    個人的に大好きな『風雲児』も濃厚鶏白湯ですが、
    『風雲児』は口に入った瞬間にガッツリ系の強烈な旨味が味覚を襲いますが、
    『篝』は、最初よりも後から上品かつ濃厚な旨味が追いかけてくるのが特徴。

    麺は切り歯20番くらいの低加水の細ストレートでスープとの絡み具合も抜群◎
    篝-麺2.jpg

    ツルツルではなく、ザラついた舌触りが「鶏SOBA」の名にふさわしく、
    ラーメンと和食が融合したような感覚にさせてくれるラーメンでした♪


    という感じで評判通りレベルの高いラーメンだったので
    次は支店で「煮干つけSoba」を食べてみようと思います◎


    ▽メニュー紹介

    ▼中華SOBA
    「鶏白湯SOBA 並950円/大1,050円」
    「煮干醤油SOBA 並900円/1,000円」

    ▼つけSOBA
    「煮干つけSOBA 並・大1,000円/特1,100円」
    「濃厚辛つけSOBA 並・大1,000円/特1,100円」
    「特製つけSOBA 並・大1,250円/特1,350円」

    ▼追加トッピング
    「特製仕様(味玉具増し) 300円」
    「味玉・青葱 各120円」
    「ガーリックバター・すだち・海苔 各150円」
    「二年熟成パルメジャーノレッジャーノ 200円」
    「京都産たけのこ 250円」
    「国産牛ローストビーフ 400円」
    「国産豚チャーシュー 350円」
    「国産銘柄鶏しっとりチャーシュー 300円」
    「季節の野菜 380円」

    ▼SOBAのお供
    「ごはん 150円」
    「卵かけごはん 300円」
    「焼ごはん&ふき味噌&明太子 380円」


    【住】東京都中央区銀座4-4-1 銀座Aビル1F
    【電】非公開
    【営】11:00~15:30/17:30~22:30
       土・祝11:00~15:30/17:30~21:00
    【休】日曜
    【席】カウンター8席
    【駐】無し




    0 0

    地下鉄<銀座駅>から徒歩約2分、JR<有楽町駅>から徒歩約5分の場所にある
    『黒毛和牛一頭買焼肉 醍醐(だいご) 銀座店』
    醍醐-外観2.jpg


    A4等級以上の中でも枝番No.10以上の黒毛和牛にこだわった焼肉店。

    もちろん肉の銘柄にもこだわり、
    松坂牛・近江牛・石見牛・北さつま牛・仙台牛といった有名ブランドを仕入れ、
    ウェット・エイジングやドライ・エイジングで熟成させた後に提供しているそうです。

    ビル自体は結構な年数が経っているので、
    7階迄に上がるまで時間がかかるエレベーターは懐かしさも感じます。

    が、店内は黒を基調としたシックでオシャレな空間が広がっていて
    さすが銀座にある焼肉屋さんといった雰囲気です。
    醍醐-店内2.jpg

    で、その雰囲気も守るためなのか
    爪楊枝がテーブルに無くてトイレにあるのが面白かった。

    でも、それと一緒に液体のオーラルケア用品も置いてるのはさすがです。

    客席は普通のテーブル席の他にカーテンで仕切られた半個室席や
    最大20名まで収容可能の個室があるので宴会にも使えそうですね。


    そんなお店に立ち寄ったのは12時10分頃でしたが
    ランチ1番人気の「A5ハンバーグセット 1,000円」はすでに完売していたので
    「銀座Cセット(本日の厳選部位2種と厳選フィレの3種盛り)3,000円」を注文。

    正直、カルビとロースがセットになってる
    「A5和牛焼肉セット 1,200円」でもいいかなと思ったのですが
    3,000円以上の商品を注文&Facebookページに“チェックイン”すると
    「コールドステーキ」を無料で食べられるとの事だったので銀座Cセットを選んでみました。

    「コールドステーキ」とは、モモ肉を生に近いレアに焼き上げたメニューで
    このお店の名物なんだとか。

    しかも無料サービスの時にだけ、
    キャビアがトッピングされるというのだから外す訳にいきませんでした。


    そして注文から約10分後にサラダが届き、
    更に約12分、計22分くらい待った頃にお肉も到着★
    醍醐-ランチ2.jpg

    肉の種類はその日によって違うらしくて、
    今回はランプ・フィレ・カルビという内容でしたが
    銘柄・等級等のの説明が無かったので詳しい情報は分かりませんでした★★
    醍醐-ランチ俯瞰2.jpg


    ロースターはガス式で火力もある為、
    脂の多い部位を強火で焼くと煙がたくさん出ますが
    排煙ダクトの性能がいいので周りに広がることも無く、
    服の臭いも気にしなくていいのがよかったです♪

    当然ながら、ランチとはいえ肉の質がいいので
    表面を軽く炙る程度で食べるのがベストですが
    写真栄えするのは焼き目がしっかり入ってる必要があるので
    最初の1切れずつは本来の味を堪能できないのが焼肉店をレポートする時の宿命です。
    醍醐-焼肉2.jpg

    ただ、焼肉の焼き加減は個人の好みなので
    ウェルダンが好きな人を否定するつもりは毛頭ありません。


    とはいえ、これだけ質の高いお肉だとレアかミディアムレアで食べるのが好きなので
    2枚目からは両面とも数秒間鉄板に触れさせただけで実食すると
    柔らかさから滲み出てくる旨みと甘みが口に広がって当たり前のように美味しい♪♪

    ステーキのような食べ心地のフィレも抜群でしたが、
    特にカルビの甘い旨みが強烈で、これだけでも十分満足できると思えるほど美味しかった☆☆♪


    で、それを食べてる途中に届いたのが「コールドステーキ」。
    醍醐-コールドステーキ2.jpg

    生に近い赤身肉の上に、卵黄とキャビアがトッピングされていて
    席に到着した後、お客さんの目の前でオリジナルユッケダレをかけてくれましたが、
    ユッケダレというより、おろしポン酢と表現するのがピッタリのソースなので
    卵黄を潰してから絡めて食べてもさっぱりとした食べ心地になってました。
    醍醐-コールドステーキ後2.jpg

    あと、キャビアは肉と箸の間からすり抜けていくので一緒に食べるのが難くて
    スプーンで食べたいと思うメニューでした。


    という感じで銀座の焼肉店でありながら
    ランチなら庶民でも食べられるリーズナブルなメニューもあるのがよかったです。


    ▽メニュー紹介

    ▼ランチ
    ※カード利用は5,000円以上
    「銀座Cセット(本日の厳選部位2種と厳選フィレの3種盛り) 3,000円」
    「銀座Bセット(本日の厳選部位2種盛り) 2,000円」
    「銀座Aセット(本日の厳選赤身肉と熟成牛タンの2種盛り) 1,500円」
    「焼きスキシャブシャブ 1,500円」
    「厳選ハラミセット 1,000円」
    「国産ポークセット 1,000円」
    「A5和牛焼肉セット 1,200円」
    「A5ハンバーグセット 1,000円」※数量限定

    ▼コース
    「一頭食い29コース 飲み放題付6,500円」
    「スペシャル29コース 6,500円/飲み放題付8,000円」
    「プレミアム29コース 8,500円/飲み放題付10,000円」

    ▼30日熟成タン
    「ヤミツキ!葱タン塩 980円」
    「上タン塩 1,580円」
    「上タン塩ネギ焼き 1,680円」
    「特選厚切り霜降タン塩 1,780円」※1日限定5食

    ▼ハンバーグ
    「A5バーグ 1,200円」

    ▼特選赤身
    「ランプ 1,680円」
    「イチボ 1,680円」
    「芯々 1,680円」

    ▼上カルビ系
    「とろける上カルビ 1,680円」
    「ゲタカルビ 1,680円」
    「カイノミ 1,680円」
    「上カルビ 1,680円」

    ▼ステーキ焼肉
    「ドライエイジングビーフ フィレステーキ焼肉 100g 3,700円/150g 5,500円」
    「名物焼肉ロッシーニ 100g 5,500円」
    「特選フィレステーキ焼肉 150g 6,000円」
    「特選サーロインステーキ焼肉 150g 6,000円」

    ▼お手頃焼肉
    「カルビ 980円」
    「やわらかヘルシーロース 980円」
    「ブリスケ 1,080円」

    ▼豚・焼き野菜
    「ウインナーソーセージ 780円」
    「拘り厚切り柔らかベーコン 780円」
    「道産ブランド五元豚(夢の大地) 780円」
    「国産 焼きにんにく 680円」
    「北海道トウキビのバターコーン 980円」
    「オススメ野菜焼き盛合わせ 980円」

    ▼本日の新鮮ホルモン
    「特選和牛ハラミ 1,980円」
    「ハラミ 980円」
    「和牛ミノ 980円」
    「和牛上ミノ 1,280円」
    「牛ハツ 680円」

    ▼焼肉屋の逸品
    「コールドステーキ 1,480円」
    「タントリュフ 980円」
    「本日のチーズ 1,280円」

    ▼生野菜
    「KOREANチョレギサラダ 980円」
    「サンチュ 480円」

    ▼キムチ・ナムル
    「白菜キムチ 380円」
    「ナムル盛合わせ 680円」

    ▼スープ
    「こだわり卵スープ 580円」
    「野菜スープ 580円」
    「ユッケジャンスープ 880円」

    ▼魚沼産の美味しいお米
    「石焼ビビンバ 980円」
    「サーロイン茶漬け 980円」
    「ライス 小200円/中280円/大380円」
    「ご飯のお供 韓国海苔 180円」

    ▼麺
    「冷麺 ハーフ680円/レギュラー980円」

    ▼デザート
    「杏仁豆腐 450円」
    「バニラアイス 350円」


    【住】東京都中央区銀座5-5-11 塚本不動産ビル7F
    【電】03-6280-6188
    【営】11:30~14:30(Lo.14:00)/17:00~23:15(Lo.22:30)
       土曜11:30~23:15(Lo.22:30)
       日曜11:30~22:00(Lo.21:30)
    【休】大晦日・元日
    【席】46席
    【駐】無し




    0 0

    地下鉄<銀座駅>B5出口からすぐ、JR<有楽町駅>から徒歩約5分の場所にある
    『銀座千疋屋(ぎんざせんびきや) 銀座本店 フルーツパーラー』
    千疋屋-外観2.jpg


    吟味に吟味を重ねた全国各地のフルーツを販売する高級果物店♪

    自社で栽培した物ではなく、
    仕入れた果物を取り扱うだけでこれほど有名な果物屋さんは他に類を見ません。

    それほどまでに果物を選定する基準が高く、
    買う側も品質の高さに安心して通常よりも高額でも購入できるのが人気の秘訣◎


    また、近年は高額なギフトだけでなく
    気軽に購入できるケーキやデザートの販売にも力を入れ、
    多くの若いファン層を増やす事にも成功しています♪

    で、フルーツが大好きな私は昔から千疋屋に憧れていて、
    ギフトの取り寄せもした事がありましたが、
    直接お店で食べたいという思いがようやく実現してテンション上がりっぱなしでした◎

    しかもこのフルーツパーラーは少し前にリニューアル工事をしていて
    ちょうどその時に立ち寄って残念な思いをしたので喜びもひとしおです☆☆


    店に着いた13時30分頃は10人ほどが待っていましたが、
    食べて帰る頃には倍以上の人が待っていたので運が良かったようです♪

    店内は少しレトロな雰囲気のあるモダンな空間で、
    リニューアル前から比べると暖色系でまとめ、明るくなっています。
    千疋屋-店内2.jpg

    また、店員さんの接客もレベルが高くて
    上品かつ優雅な身のこなしと言葉遣いが更に高級感を満喫させてくれるのがいい◎


    そんなお店で注文したのは
    「桃のフラッペ 2,160円」と「銀座パフェ 1,728円」。

    ラーメンと焼肉を食べた後ですが、
    甘いものを目の前にすると何も食べてないような気がするので
    我慢しないと5つくらい注文してしまいそうになりますw


    そして待つこと約8分で先にパフェが到着♪
    千疋屋-パフェ2.jpg

    スイカ・桃・完熟マンゴー・メロン・パイナップル・みかん・巨峰・ブルーベリーが
    花が咲いたように綺麗に盛り付けられたビジュアルだけでも幸せなのに
    パフェでありがちな下の層のシリアルが無いのが最高です◎

    持ってきてくれた時に店員さんが丁寧に一つ一つ産地を教えてくれたのに
    種類が多すぎて覚えきれなかったけど、どれも素晴らしく美味しかった☆☆

    パフェは大好きで今まで色んなお店で食べましたが、
    フルーツの味の濃さや風味の強さはダントツ一番です♪

    なので、クリームやアイスは果物の良さを損なわない程度に抑えていますが
    物足りなさを感じず、味変の役割も担っているのがよかった◎



    そしてパフェから遅れること約2分で到着した「桃のフラッペ」は
    想像よりもボリュームがあったので嬉しくて仕方ない♪
    千疋屋-カキ氷2.jpg

    直径30cmくらいある皿に山盛りにされた氷の周囲を桃が囲み、食用花が添えられている。
    まるでメルヘンの世界の食べ物のようで、食べ崩すのが勿体無く思えます。

    しかも氷は天然氷を使っているのも素晴らしい◎

    ただ、そのぶん溶けやすいらしくて
    別容器で用意された桃のシロップは少しずつかけるようにレクチャーしてくれました。

    にしても桃の美味しさが半端ではありません☆☆♪

    パフェの桃は素材そのままでしたが、フラッペに添えられた桃はシロップ漬けになっていて
    桃本来の甘さとの相乗効果で口に入れた瞬間に感動を覚えるほど甘くて美味しい◎

    きっとこれの食べ放題があったら、とんでもない量を食べてしまうでしょうね♪


    桃だけを堪能した後にシロップをかけて食べてみると
    少し酸味を含んだ濃密な桃の甘さがきめの細かい氷と合わさってこれまた美味しい☆
    千疋屋-カキ氷俯瞰2.jpg

    粘度が高いので氷の上にそのまま止まってくれてるのも良かったし
    量も多くて、最後までシロップが足りないという事がなくて幸せでした♪


    という感じでようやく食べられた千疋屋の果物は評判通りの美味しさだったので
    また機会をみて違う季節の果物を食べに立ち寄ろうと思います◎


    ▽メニュー紹介

    ▼千疋屋三社企画 復興支援チャリティーメニュー
    ※7月1日~9月30日
    「桃のフラッペ 2,160円」
    「マンゴーフラッペ 1,620円」

    ▼期間限定メニュー
    「ピーチパフェ 2,268円」
    「ピーチスムージー 1,080円」
    「ピーチショートケーキ 1,080円」

    ▼フルーツパフェ
    「銀座パフェ 1,728円」
    「チョコ&バナナパフェ 1,296円」
    「マスクメロンパフェ 2,160円」
    「マンゴーパフェ 2,160円」

    ▼ア・ラ・カルト
    「ピーチショートケーキ 1,080円」
    「季節のフルーツ盛合わせ 1人前 1,512円/2人前 3,240円」

    ▼おすすめ
    「フルーツあんみつ 1,404円」
    「プリンアラモード 1,620円」

    ▼フルーツポンチ
    「リニューアル記念季節のフルーツポンチ 1,296円」
    「フルーツポンチ 1,080円」

    ▼ゼリー&ヨーグルト
    「デラックスゼリー(グレープフルーツ・オレンジ) 1,296円」
    「フルーツヨーグルトボウル 1,296円」

    ▼サンドイッチ
    「フルーツサンド 1,080円」
    「ハムサンド 1,188円」
    「アボカドサンド 1,080円」
    「ベジタブルサンド 1,080円」


    【住】東京都中央区銀座5-5-1
    【電】03-3571-4388
    【営】(2階)10:00~20:00/日・祝11:00~18:00
       (地下1階)11:00~20:00/日・祝11:00~19:00
    【休】年末年始
    【席】(2階)44席/(地下1階20席)
    【駐】無し




    0 0

    そこそこ頻繁に東京に行ってますが、いつも食べ歩きだけで終わってるので
    たまには観光っぽい事をしようと思ってスカイツリーへ。
    スカイツリー-ツリー2.jpg

    と言っても3年前に来てるので大きな感動は無いw
    しかも東京タワーにはまだ一度も行った事がないしww

    あと、全然知らずに立ち寄ったけど<進撃の巨人>とのコラボイベントが開催されていて
    展望台にはコラボカフェがあったりしましたが、
    絶対興味無いだろうという感じの年配の人達ばかりで席が埋まっていたのが面白かった♪

    それと、前回来た時は気づかなかったけどスカイツリーから
    東京ディズニーリゾートって結構はっきり見えるがプチ感動でした◎

    ただし、プロメテウス火山とタワー・オブ・テラーくらいしか確認できませんけどねw
    スカイツリー-ディズニーシー2.jpg


    さて、せっかくなら東京ソラマチで何か食べようかと思ったものの
    あまり興味をそそられるお店が無かったので浅草寺へ。


    あいにく雷門は、門の外側を改修工事中だったので
    提灯と風雷神しかまともに見られなかったけど
    観光客はおかまいなしに写真を撮りまくってました。

    という私も撮ってますけどw
    浅草-雷門2.jpg

    そこから仲見世を通っいくと実に色んなお店があって目移りしますが
    ここの雰囲気は、どことなく金比羅さんに似てるので好き♪
    浅草-仲見世2.jpg


    そんな仲見世と交わる伝法院通りを右に曲がってみると雰囲気のいいラーメン屋さんを発見。
    それが『浅草名代らーめん 与ろゐ屋(よろいや)』
    与ろゐ屋-外観2.jpg

    いかにも“和”なデザインのお店は、
    ラーメン屋さんというより、うどん屋か蕎麦屋さんのような雰囲気で、
    長い歴史とこだわりの強さを感じるので入ってみました。

    そこには思いっきり観光地の中心地にあるにもかかわらず
    地元の人が利用しそうな安定感が漂っていました。

    その一因として、この場所にあってメニューはおろか
    案内板等、どこを見ても英語や中国語表記が無くて
    来たい人だけが来たらいい。というような職人っぽさまで感じます。
    与ろゐ屋-店内2.jpg

    なのに店員さんはとても明るい人達ばかりで、しかも仲がいい。
    店員さん同士の雑談の度が過ぎて、食事をしながら気分が悪くなるお店もありますが
    ここは店員さん同士の掛け合いが面白くて、逆に聞いていたくなるくらい楽しかった◎

    私が認識してるだけで高松市内に3軒ほど仕事の会話ではなく、雑談の度がすぎるお店がありますが
    どうせ店員さん同士で会話を交わすなら、このお店のように小気味いい内容にしてほしいものです。


    そんなお店で注文したのは「らーめん(和風醤油)750円」。

    店舗は2階建てで、2階のお客さんの注文は料理用エレベーターで送っていましたが、
    私の直前に何人か先客がいたらしく、固麺でお願いして約6分で完成。
    与ろゐ屋-らーめん2.jpg

    で、完成したラーメンのスープは見事なまでに透明度の高い琥珀色で
    そこから垣間見えるウェーブのかかった玉子麺との見た目だけで食欲そそります♪


    そして実食したラーメンの味は、予想通り美味しい☆
    懐かしい中華そば的な味でありつつ雑味の無い洗練されたスープは後味スッキリで
    コクと旨味が味覚を支配します◎

    国産鶏と豚のげん骨をベースに煮干・鰹節・昆布で仕上げたというスープは
    醤油の風味が活きた和風味♪

    そこに少量の柚子ジャムを混ぜる事で
    柑橘系ならではの爽やかさと柚子でしか味わえない爽やかな味わい、
    ジャムの甘さが加わって更に奥深い味へと変わります◎

    中太の玉子麺は、いかにも“中華そば”といった感じで
    ツルツルした表面も手伝って喉越しが抜群♪
    与ろゐ屋-麺2.jpg

    チャーシューも私の苦手な甘さが強いタイプではなくて
    硬すぎず柔らかすぎない旨味凝縮タイプだったので非常に満足度が高かったです◎

    という感じで、観光地にありながらも本物の味を堪能できるお店に巡り合えてラッキーでした♪


    ▽メニュー紹介
    ※各種大盛100増し

    ▼醤油
    「らーめん(和風醤油) 750円」
    「ちゃーしゅうめん 950円」
    「しなちくらーめん 900円」
    「玉子らーめん 850円」
    「お子様らーめん 500円」

    ▼塩
    「梅しおらーめん 800円」

    ▼ざる
    「ざるらーめん 750円」
    「ちゃーしゅーう付 950円」
    「しなちく付 900円」
    「玉子付 850円」

    ▼サイドメニュー
    「和風ぎょうざ 3ヶ 350円」
    「小ライス 100円」


    【住】東京都台東区浅草1-36-7
    【電】03-3845-4618
    【営】11:00~20:30
    【休】無休
    【席】32席(1階カウンター9席、2階テーブル23席)
    【駐】無し
    【カ】不可




    0 0

    高松市美術館の真南、丸亀町商店街のセブンイレブンから西へ約70mの場所にある
    『海鮮食堂 おくどさん 高松美術館南店』
    おくどさん-外観2.jpg


    『海鮮うまいもんや 浜街道』と同じ会社が経営するお店で、
    2017年6月22日にオープンしたばかり。

    『おくどさん』だけでも一宮、屋島、レインボー、宇多津にも支店があるので
    馴染み深い人も多いと思います。

    その中でも街中の店舗だからか、他のお店より少しスタイリッシュなデザインになっていて
    この界隈で働くサラリーマンやOLさんにも重宝されそうです。
    おくどさん-店内2.jpg

    しかも11時から22時迄の通し営業なので
    昼ごはんのタイミングが遅くなっても気にしなくてもいいのが便利♪

    ただし、ここは焼魚をメインにしているお店で
    注文を受けてから炭火で焼いてくれるので服に魚の臭いがつく可能性が高いです。
    おくどさん-炭火2.jpg

    気の利いた焼肉屋さんのようにレジに消臭剤を置いていてくれればいいですが
    私が今回見た限りは無かったので、昼からの仕事に支障が出る場合は注意が必要です。


    そんなお店で注文したのは店イチオシの
    「漬け焼き食べ比べ三種盛り 880円」に「鳥ごぼうめし定食セット 380円」をプラス。

    前述の通り注文してから焼くので少々待ち時間があって、
    約15分待った頃に完成。
    おくどさん-定食2.jpg

    種類はその時によって違っていて、今回は目鯛と鮭と銀ダラの3種類。

    どれも漬け焼きなので味がものすごく濃くて魚の味が凝縮されていますが
    添えられた大根おろしと一緒に食べるのがちょうどいい。

    それでも目鯛の柚子塩麹漬け焼きは、柚子の爽やかさがいい仕事していて
    味が濃いだけでなく、旨味もいい感じでした。
    おくどさん-焼魚2.jpg


    ちなみにここは魚以外のメニューも色々と用意されているので
    私の後から入ってきた男性4人組は「焼きそば」とか「ハムエッグ」とかを注文して、
    誰一人魚メニューを注文してませんでしたが、それもありですね。


    あと、白ご飯じゃなくて「鳥ごぼうめし」を選びましたが
    しっかりと味がついてるし王道の味だったのはよかったけど
    魚もご飯も全部味が濃かったので、次は白ご飯で食べようと思います。


    ▽メニュー紹介

    ▼漬け魚
    「漬け焼き食べ比べ三種盛り 880円」
    「トロサバの味噌漬け焼 480円」
    「銀ジャケの塩麹漬け焼 580円」
    「銀ダラの粕味噌漬け焼 780円」
    「メダンの柚子塩麹漬け焼 680円」

    ▼焼魚
    「トロサバの塩焼き 480円」
    「肉厚ホッケの一夜干し 580円」
    「真イカの照り焼き 480円」

    ▼揚げ物
    「鳥唐揚げ 4ヶ 280円/8ヶ 480円」
    「大きいエビフライ 1本 380円/2本 680円」
    「串カツ 1本 280円/2本 480円」
    「手作りポテサラコロッケ 1ヶ 200円/2ヶ 380円」
    「よくばりミックスフライ(エビフライ・ポテサラコロッケ・鳥唐4ヶ) 680円」
    「がっつりロース豚カツ 480円」
    「タルタルたっぷりチキン南蛮 480円」
    「高松魚市場仕入れ生アジフライときんぴらごぼう 480円」
    「揚げ出し豆腐 240円」

    ▼煮魚
    「サバの煮付け 480円」
    「子持ちカレイの煮付け 580円」

    ▼刺身
    「香川県産ハマチの刺身 680円/小盛り380円」

    ▼炒め物
    「豚バラしょうが焼 580円」
    「豚肉とナスの味噌炒め 580円」
    「ニラもやし炒め 580円」
    「彩り野菜と鳥肉の黒酢あん 680円」

    ▼玉子焼き
    「玉子焼き 普通190円/ネギ190円/紅生姜190円/干エビ190円」

    ▼一品物
    「たっぷり肉じゃが 480円/小盛り280円」
    「きんぴらごぼう 180円」
    「ハムエッグ 280円」
    「浅漬け二種盛 180円」
    「冷奴 180円」
    「ホウレン草のおひたし 180円」
    「明太子 180円」
    「生卵 50円」
    「納豆 90円」

    ▼ご飯物
    「たっぷり野菜のカレーライス 740円」
    「カツカレー 810円」
    「65年の味 ぶっかけロースカツ丼 740円」
    「焼きそば 600円」

    ▼味噌汁
    「油揚げたっぷり味噌汁 90円」
    「具だくさん豚汁 150円」
    「魚のあら汁 150円」

    ▼サラダ
    「生野菜サラダ 380円」
    「ポテトサラダ 280円」
    「トマトスライス 380円」

    ▼ご飯
    「おくどさん名物 鳥ごぼうめし 小200円/普通220円/大250円」
    「銀シャリ 小100円/普通120円/大150円」

    ▼セット
    「定食セット(白ご飯・味噌汁・お漬物) 280円」
    「鳥ごぼう飯定食セット(鳥ごぼうめし・味噌汁・お漬物) 380円」


    【住】香川県高松市鍛冶屋町1-7
    【電】087-802-3855
    【営】11:00~22:00
    【休】無休
    【席】50席
    【駐】無し




    0 0

    「香南楽湯」から県道13号線を西へ約400mの場所にある
    『Korean restaurant 仁寺洞(いんさどん)』
    仁寺洞-外観2.jpg


    確か昔はデイリーのコンビニがあった場所で、
    2010年9月1日にオープンした韓国料理のお店。

    隣の店舗では韓国コスメやグッズを販売しているので
    おそらく同じ経営者だと思います。

    店内はテーブル席と座敷の半々で構成されていて
    座敷は板張りの掘りごたつタイプなので足を伸ばして食事をできるのがいい♪
    仁寺洞-店内2.jpg

    オープンから7年しか経ってないとはいえ清潔感があるのもいいし
    店員さんも人情味のある人達ばかりでした。


    営業時間はランチとディナーに分かれていて、今回立ち寄ったのはディナーでしたが、
    ランチタイムに匹敵するくらいリーズナブルな価格設定に驚きました。

    それは、店自慢のスンドゥブセットを注文して感じた事ですが
    少々小さめの容器だけど十分な量があるスンドゥブと
    漬物と、大盛り無料のライスが付いて880円というもの◎

    ディナーなので1,200円くらいしてもいいと思うのに
    この価格で提供しているのが素晴らしい♪


    しかもスンドゥブは14種類もあるし、
    トッピングも豊富に用意されているので色んな味を愉しめます。

    そして注文したのは「キムチ豚スンドゥブ」の5辛。

    辛さが1~7辛まで選べますが、
    5辛までが無料で、6辛は+110円、7辛は+150円なので
    とりあえず初めてだったし、無料の中で一番辛いのを選んでみました。

    それから待つこと約14分で完成したスンドゥブは、しっかり赤くていい感じ◎
    中には豆腐と豚肉とキムチと玉子が入っていて結構具だくさん♪
    仁寺洞-チゲセット2.jpg
    仁寺洞-キムチ豚チゲ2.jpg

    で、味のほうはというと
    唐辛子系の辛さに強いせいか、ほんのり辛いくらいだったので
    おそらく最大の7辛にしてピリ辛に感じるくらいだと思います。

    しかし、そう感じさせるのはスンドゥブ自体のコクのある深い味わいがそうさせるのかも。
    辛さに頼らず、スープに凝縮された旨味が抜群で完食するまで食べる手が止まりませんでした◎

    ちなみに、セットで付いてきた御飯をレンゲに取って
    一度スンドゥブにくぐらせて食べるのが最高で、御飯をおかわりしたくなるほど美味しかった♪

    あと、一緒に食べに行った人が注文したスンドゥブも撮らせてもらいましたが
    チーズや生卵のビジュアルも食欲そそられますね◎
    仁寺洞-スンドゥブチゲ3種2.jpg


    それと「チーズトッポキ 810円」と「羽根付きギョーザ 320円」も食べてみると
    トッポキは、固めに仕上げてるお店もあったりしますが、
    ここはすごく柔らかくて食べやすいし、チーズの旨味が合わさってるのがよかった♪
    仁寺洞-トッポギ2.jpg

    餃子は、羽根の見た目のインパクトもいいし、
    味が少し本場に近い風味がするのもよかったです◎
    仁寺洞-餃子2.jpg


    という感じで値段も味も満足度の高いお店なので
    わざわざ足を運ぶ価値があると思うので、是非一度立ち寄ってみて下さい♪


    ▽メニュー紹介

    ▼暑いときのおすすめ
    「冷麺 680円/麺大盛り+150円」
    「特製ピリ辛混ぜ冷麺 730円/麺大盛り+150円」
    「韓国風つけ麺 600円/替玉+210円」
    「韓国風うどんつけ麺 200g 480円/400g 580円」
    「焼肉定食 980円」

    ▼ディナースンドゥブセット
    ※漬物+ライス付(ライス大盛りサービス)
    ※全品880円/単品はセット価格から50円引き
    「浅利スンドゥブ」
    「干しダラスンドゥブ」
    「チーズスンドゥブ」
    「きのこスンドゥブ」
    「チーズトマトスンドゥブ」
    「ギョーザスンドゥブ」
    「たらスンドゥブ」
    「トッポキスンドゥブ」
    「バタースンドゥブ」
    「生姜スンドゥブ」
    「野菜スンドゥブ」
    「牛筋スンドゥブ」
    「キムチ豚スンドゥブ」
    「若鶏スンドゥブ」
    ◇トッピング
    「チーズ 150円」
    「あさり 150円」
    「バター 200円」
    「トマト 150円」
    「野菜 150円」
    「トッポキ 150円」
    「牛すじ 250円」
    「きのこ 250円」
    「生姜 150円」
    「ギョーザ 180円」
    「タラ 200円」
    「キムチ 100円」
    ◇ご飯
    「ごはん 210円/大盛り260円」

    ▼めん類
    ※替玉210円
    ※にんにくトッピング無料
    「らーめん 570円」
    「みそラーメン 600円」
    「キムチらーめん 620円」
    「激辛ラーメン 700円」
    「スンドゥブ麺 620円」
    「チーズスンドゥブ麺 770円」
    「もやしたっぷりみそラーメン 600円」
    「つけ麺 600円」
    「韓国風つけ麺 600円」

    ▼一品料理
    「白菜キムチ 390円」
    「ミニ白菜キムチ 110円」
    「タラのチャンジャ 480円」
    「さきいかキムチ 580円」
    「やきのり 190円」
    「肉野菜炒め 680円」
    「チーズトッポキ 810円」
    「トッポキ 700円」
    「鉄板若鶏ガーリック焼き 780円」
    「鉄板コチュジャン豚巻き 750円」
    「チャーハン 570円」
    「焼き豚チャーハン 600円」
    「キムチチャーハン 600円」
    「チョレギサラダ 580円」
    「浅利酒蒸し 520円」
    「ミニサラダ 120円」
    「ホットク プレーン250円/チョコ280円」
    「アンパンマンセット 570円」
    「チョコかけアイス 250円」
    「チーズポテトチヂミ 680円」
    「野菜チヂミ 520円」
    「にらチヂミ 500円」
    「コチュジャンマヨチヂミ 600円」
    「海鮮チヂミ 780円」
    「えびチヂミ 600円」
    「石焼若鶏唐揚ビビンバ 620円」
    「石焼豚チーズビビンバ 750円」
    「若鶏の軟骨揚げ 550円」
    「ポテトフライ 2種類入り 290円」
    「手羽先 390円」
    「若鶏の唐揚げ 550円」
    「鶏皮ギョーザ 320円」
    「羽根付きギョーザ 320円」
    「特製ピリ辛まぜ冷麺 680円」
    「水ギョーザ 500円」
    「鉄板イカコチュジャン焼き 680円」
    「エイヒレ焼き 450円」
    「当店手作り焼鳥 2本 300円」
    「枝豆 280円」
    「揚げギョーザ 7個 450円」
    「バターコーン 480円」
    「鱈のチャンジャおにぎり 400円」

    ▼焼肉
    「スタミナ豚サムギョプサル 1人前 700円」
    「ファミリーセット 2,980円」

    ▼鍋
    「ブデチゲ鍋 1人前 すs」
    「特製上もつ鍋 1人前 990円~」
    ◇トッピング
    「韓国じゃが芋麺 200円」
    「らーめん 250円」
    「うどん 250円」
    「ちゃんぽん麺 250円」
    「雑炊セット 500円」
    「野菜セット 600円」

    ▼薬膳料理
    ※要予約
    ※雑炊か麺サービス
    「参鶏湯 1羽 2,880円」


    ◇追加
    「キムチ 390円」
    「野菜セット 400円」
    「はっぱ 300円」

    【住】香川県高松市香南町池内490-1
    【電】087-879-0343
    【営】11:00~15:00(Lo.14:30)/17:00~22:00(Lo.21:30)
    【休】月曜(祝日の場合は翌日休み)
    【席】26席
    【駐】25台




    0 0

    ゲオミラクルタウン店から東へ約200m、橋を渡る手前にある
    『こだわり麺や 高松郷東店』
    こだわり麺や-外観2.jpg


    以前はサークルKがあった場所で、
    2017年6月7日にオープンした『こだわり麺や』13軒目のカレーうどん推しの店舗♪

    今迄の店舗でもカレーうどんがオススメの店はありましたが
    ここは外観デザインから他と違ってるし、
    最近『こだわり麺や』では「豚しゃぶサラダうどん」の販売がスタートしたけど
    ここ郷東店だけは取り扱いが無いので、特別な存在なのかも。

    他にも、メニュー表に“いかほひらがな”のような
    可愛いポップなフォントを使ってるのも珍しいけど
    店内のデザインは木をふんだんに使った落ち着く雰囲気です◎
    こだわり麺や-店内手前2.jpg
    こだわり麺や-店内奥2.jpg


    にしても相変わらず『麺や』の店員さんは元気で明るい人達ばかりだし仕事ぶりも丁寧なので、
    食材の管理や衛生面に関してもきっと手を抜きいてないと思うので安心して利用できるのがいい♪
    こだわり麺や-レーン2.jpg


    そんなお店で注文したのは「カレ玉うどん 小390円」。

    名前だけだと「釜玉うどん」にカレーをかけるような想像しますが
    実際はカレーうどんに、ふわふわの溶き卵をトッピングしたメニューでした◎

    で、初めて食べるうどん屋さんでは天ぷら等の追加トッピングは取らない主義ですが
    間違いなくカレーに合うだろうというビジュアルのソーセージを見つけてしまったので
    これは見逃すわけにはいきませんでした♪
    こだわり麺や-カレ玉うどん2.jpg

    それから薬味コーナーで福神漬けとネギを足してから実食すると、
    まろやかな辛さと、ふわふわ玉子の相性の良さにも関心しましたが
    個人的はカレールーがしゃばしゃばじゃなく、トロトロだったのが良かった◎

    これで辛さを選べるオプションがあると更に嬉しいけど
    ほんのり甘いのに、まろやかな中に濃厚な旨味が凝縮されたルーはレベル高い♪

    もちろん麺との絡み具合とバランスも抜群だし
    元々クオリティの高い『麺や』の麺と合わせてるのですごくいい感じ◎
    こだわり麺や-麺2.jpg

    そして予定外で追加したソーセージは想像以上に美味しくて
    太さ、味の濃さ、香ばしさ、どれも完璧で、本当にトッピングして良かったです☆


    あと、カレールーがたっぷり入ってるので麺を完食した後に
    白ご飯を入れてカレーライスにして食べたくなるくらい
    最後まで満足度を失わないカレーうどんだったので
    是非一度「カレ玉うどん」を食べに寄ってみて下さい♪


    ▽メニュー紹介

    ▼カレ玉うどん
    「カレ玉うどん 小390円/中490円/大590円」
    「カレ玉うどん 温野菜 小490円/中590円/大690円」
    「カレ玉うどん 肉 小490円/中590円/大690円」
    ◇トッピング
    「ぶた天 160円」
    「ソーセージ 160円」
    「ササミカツ 130円」
    「アジフライ 120円」
    「アスパラ 110円」
    「コロッケ 100円」
    「なす天 100円」

    ▼定番うどん
    「にくうどん 小480円/中580円/大680円」
    「にくぶっかけ 小480円/中580円/大680円」
    「かまたまうどん 小290円/中380円/大470円」
    「ざるうどん 小290円/中380円/大470円」
    「しょうゆうどん 小290円/中380円/大470円」
    「かまあげうどん 小290円/中380円/大470円」
    「ぶっかけうどん 小290円/中380円/大470円」
    「ひやしうどん 小290円/中380円/大470円」
    「かけうどん 小210円/中300円/大390円」
    ◇お持ち帰り用
    「うどん玉・かけだし・つけだし 各85円」

    ▼揚げ物
    「きつね揚げ 130円」
    「ササミカツ 130円」
    「豚天 160円」
    「うずら 100円」
    「アジフライ 120円」
    「コロッケ 100円」
    「ソーセージ 160円」
    「アスパラ 110円」
    「ちくわ 100円」
    「ゲソ天 130円」
    「ゲソ天串 100円」
    「ナス天 100円」
    「エビ天 130円」
    「れんこん 100円」
    「かぼちゃ 100円」
    「かき揚げ 130円」
    「半熟卵 110円」
    「とり天 130円」


    【住】香川県高松市郷東町1-1
    【電】087-873-2215
    【営】6:30~15:00
    【休】第3水曜
    【席】64席
    【駐】18台




    0 0

    丸亀町グリーン西館の3階にある
    『ゆとりの空間 高松店』
    ゆとりの空間-外観2.jpg


    有名な料理家<栗原はるみ>さんがプロデュースしたレストランで、
    オリジナルの生活小物などの販売もしている女性に人気のお店♪

    グリーン西館3階の中央に位置し、
    色んな物販のショップに囲まれた様は近年の外食業界に増えてきた形態だし
    可愛さとスタイリッシュさを兼ね備えたデザインも女性心をくすぐりそう◎
    ゆとりの空間-店内2.jpg

    そこで食べられる物は種類こそ多くありませんが
    どれも手が込んでいて、味・見た目共に研究されているのが伝わってきます。


    ちなみにランチの価格は1,944円なので、うどん文化の香川県としては高めの設定ですが
    メイン2品、今月の副菜2品、えらべるごはん、サラダ・みそ汁・香物・デザート2種・ドリンク
    といった感じでバラエティに富んでいるし、何よりも有名な料理家が考えた料理を
    自分で食べつつ、今後の調理の参考にする人も多いようです。

    そう感じたのは使い捨ての紙製ランチョンマットに
    たくさんの料理のレシピが書かれているのを見たからです。

    しかも簡易的な物ではなく、
    工程や使用量まで丁寧にイラスト付きで書いてくれてる上に可愛いデザインなので
    料理をしない私でも持って帰ろうかと思ったほど♪


    もちろん店員さんの接客も優しい感じで、
    メニューに対して色々質問をしても一生懸命説明してくれるのが良かったです◎


    そんなお店で注文したのは
    「いちごとバナナのチーズケーキパフェ 756円」。

    季節限定の「なすのドライカレー」も気になったけど
    7月も終盤なのに苺を使ったデザートを提供してる事に興味そそられて選んでみました。

    そして待つこと約15分で完成したパフェは
    スリムだけど高さがあるので量もそこそこありました♪
    ゆとりの空間-パフェ横2.jpg

    最下層にシリアルが入ってるものの、
    白と赤と茶色のコントラストが可愛いし、
    何よりも苺が冷凍物ではなく生を使ってるのが嬉しかった◎
    ゆとりの空間-パフェ斜め2.jpg

    なので、少し酸味が強い苺ではありましたが
    しっかりと苺の風味が感じられたし粒も大きくて食べがいがありました♪
    ゆとりの空間-パフェアップ2.jpg


    あと、個人的に中にケーキとかチョコとかクッキーとかが入ってるパフェは
    パサパサしてたり味のバランスが悪かったり硬かったりする物があるので少し苦手ですが
    ここのケーキは、しっとりとしているし、途中にあるプリンのようななめらかな層との相性が抜群で
    今迄食べたこういうタイプのパフェの中で一番美味しかった☆

    シフォンケーキのようなふんわり食感のケーキはチーズの風味が優しくて、
    後味がしつこくないのも良かったし、クリームやアイスの味も素晴らしかったです◎


    という感じで予想以上の美味しさのパフェが出てきたので
    料理の味にも期待ができるので、また機会をみて寄ってみます♪


    ▽メニュー紹介

    ▼ランチ
    ※11;00~17:30
    「栗原さんちのえらべるお昼ごはん 1,620円」
    「ごちそうお昼ごはん 1,944円」

    ▼ディナー
    ※17:30~20:00(Lo.19:00)
    「栗原さんちの晩ごはん 1,620円」

    ▼季節限定
    「なすのドライカレー 1,296円/ドリンクセット1,512円」

    ▼料理アラカルト
    「揚げ鶏のねぎソース 1,296円/ドリンクセット1,512円」
    「白身魚と野菜の揚げびたしごはん 1,188円/ドリンクセット1,404円」
    「さばそぼろごはん 1,188円/ドリンクセット1,404円」
    「BLTサンド 1,188円」
    「キッズプレート 810円」※小学生以下のお子様

    ▼春限定デザート
    「いちごとバナナのチーズケーキパフェ 756円/ドリンクセット1,080円」
    「いちごのクリームチーズパイ 756円/ドリンクセット1,080円」

    ▼デザートアラカルト
    「抹茶黒みつと豆乳プリンパフェ 756円/ドリンクセット1,080円」
    「フルーツと白玉のみつ豆風 648円/ドリンクセット972円」
    「バナナとくるみのケーキ 699円/ドリンクセット1,023円」
    「ベイクドチーズケーキ 648円/ドリンクセット972円」
    「シフォンケーキ 540円/ドリンクセット864円」
    「季節のデザートプレート 1,296円」


    【住】香川県高松市丸亀町7-16 丸亀町グリーン西館3F
    【電】087-802-1830
    【営】11:00~20:00(Lo.19:00)
    【休】無休
    【席】32席
    【駐】無し



    0 0

    田町交番から西へ進み、ソレイユビルを過ぎて最初の路地を約40m北上した場所にある
    『炭火焼きカルビ ぼっけぇ』
    ぼっけぇ-外観2.jpg


    <ぼっけぇ>とは、岡山県の方言で<とても>とか<すごい>という意味。

    おそらくは店の人が岡山出身なのだと思いますが
    扱っている肉の代表は香川県が誇るブランド牛の“オリーブ牛”♪

    今では県内にとどまらず県外、はては海外にもファンがいるほど人気が高まった牛肉なので
    それを求めて遥々来店する人も少なくないと思います。


    店舗は、街中にありながらも人通りが少ない場所にある上に
    外観からは焼肉屋さんのオーラを感じないし
    大きな看板は出てないので気をつけてなければ通り過ぎてしまうかも。

    店内は席同士のスペースに余裕をもたせているからか開放感があるし
    清潔感もあって、女性だけのグループでも気軽に利用できそう◎
    ぼっけぇ-テーブル席2.jpg

    テーブル席の奥には絨毯張りのフラットな座敷があって
    最大20名くらいは一度に座れる宴会ができるのも便利そうでした。
    ぼっけぇ-座敷2.jpg


    で、お店を切り盛りしてる店長さんが優しそうな雰囲気の女性という事もあって
    店のロゴをはじめ、壁に飾られているアートも柔らかいイメージの物が多かったです。


    さて、そんなお店のランチは3種類用意されていて
    1つは週替わり、残り2つは定番との事だったので
    週替わりの「ハラミ丼定食 800円」を食べてみました♪

    そして待つこと約7分で完成した丼は
    税込800円でサラダ・お汁・食後のコーヒーが付いてるとは思えない豪華さで
    昼からこんな贅沢していいのかとテンション上がります◎
    ぼっけぇ-ハラミ丼2.jpg

    さすがにこの値段なので使用している牛肉はオリーブ牛ではありませんが
    ハラミならではの味の濃さと、新鮮な肉だかこそ感じる甘みがあったし
    程よくコクを感じるタレの絡み具合も抜群で、御飯がすすみます♪

    あと、御飯は少し黒っぽくなっていますが、これは炭の粉末を入れて炊いているらしくて、
    無味無臭で味に影響を与えない状態で御飯がふっくらと炊き上がるし、
    現代人に不足がちなミネラル等、身体にいい成分がたっぷり入ってるんだとか◎
    ぼっけぇ-ご飯2.jpg

    なので、炭水化物を摂りつつもミネラルを補給しつつ、
    食べた後の腹持ちが良くて空腹を感じにくいと言われる
    GI値の低い牛肉を食べられるので、ダイエットをしたい人にオススメです♪


    ちなみに定番ランチの「タンシチュー」も撮らせてもらいましたが、
    かなり粘度の高そうな濃厚トロトロな仕上がりだったので
    また機会をみて食べてみたいと思います。
    ぼっけぇ-タンシチュー2.jpg
    ぼっけぇ-タンシチューアップ2.jpg


    ▽ランチメニュー紹介

    ▼週替わり
    ※参考までに
    「ハラミ丼定食 800円」

    ▼定番
    「タンシチュー 900円」
    「炭カレー 700円」


    【住】香川県高松市亀井町9-8 大塚ビル1F
    【電】087-862-5025
    【営】11:30~14:00/17:00~22:30(Lo.22:00)
    【休】日・祝
    【席】35席
    【駐】無し
    【カ】不可




    0 0

    セブンイレブン高松出作町店の道を挟んで西側にある
    『パティスリー grace(グレース)』
    グレース-外観2.jpg


    詳しく説明すると、三木国分寺線(県道12号線)の出作町交差点から約270m北上で、
    細いけど交通量が多い道なので店に近づいたら速度を落とすのがオススメ。
    ただ、少し前にケーズデンキ高松店から西へ太い道が繋がったので
    昔と比べれば交通量は減りました。

    お客さんが利用する店頭は小じんまりとしていますが
    隣に工場が併設されていて、連日朝早くから夜遅くまでケーキを作っているんだとか。

    というのも、店頭のケーキや焼き菓子やアイス等の販売の他に
    お客さんのリクエストに忠実に作ってくれるデザインケーキが大人気で
    それの注文が大量に入るそうです。

    今までの制作例の写真を見せてもらいましたが
    有名なアニメのキャラクターだけでなく
    車やカメラなど、ディテールの細かい作品も数多くありました。

    値段は安い物で4,000円くらいから作れるそうですが
    どうやらこういうケーキを注文する人達は細部にこだわるようで、
    その要望に応えてるとプラス2,000円前後プラスされると教えてくれましたが
    根がマニア気質の私には十分気持ちが分かりますw


    もちろん普通のデコレーションケーキもあるし
    それだと当日注文も可能らしいので急なお祝いにも重宝しそうですね。


    で、事前情報無しで通りすがりに“氷”の表示を見つけて急遽入ったものの
    雰囲気的にイートインできるか不安でしたが、全く問題なかったどころか
    サービスで紅茶とシューアイスの試食までさせてくれてラッキーでした♪
    グレース-店内2.jpg
    グレース-紅茶2.jpg


    そんなお店で注文したのが「クラッシュアイスいちご 450円」。
    グレース-アイスいちご2.jpg

    「市田いちご農園」というところの苺を凍らしてカキ氷にしたという商品は
    容器からして可愛いし、ソフトクリームの量も多くて甘いもの好きとしてはたまりません◎

    その下をスプーンでかき出してみると、確かに細かくなった苺がたっぷり♪
    グレース-アイスいちご中身2.jpg

    甘酸っぱくて冷たい氷の中に、隠し味として宮古島の塩を入れるという細かい仕事によって
    単純にクラッシュ苺を凍らした味ではなく、最後まで飽きのこない味になってるのがよかったです。


    ちなみに、ショーケースには様々なケーキが並んでいますが
    柄や色が見事な焼き物の大皿に乗せてあるのが珍しくて面白かった。
    グレース-ケーキ2.jpg

    という感じで色々と特徴のあるケーキ屋さんなので
    スイーツ好きの人は一度立ち寄ってみて下さい。


    【住】香川県高松市出作町266-1
    【電】087-899-8301
    【営】9:30~20:00
    【休】店頭にて告知
    【席】10席
    【駐】10台




    0 0

    高松市役所から西へ約100mの場所にある
    『手打ちうどん のぶ屋』
    のぶ屋-外観2.jpg


    以前は『聖風うどん (せいふううどん)』があった場所で、
    2017年1月12日にオープンしたセルフ店♪

    入口の看板は暖色系で、ほのぼのしたイメージがありますが
    店内に入ると、テーブルの天板や椅子の生地に黒を使っているせいか
    少し重厚感があって、個人的には結構好きな雰囲気。
    のぶ屋-店内2.jpg


    50以上ある客席はテーブル席と、対面式のカウンター席があるので
    “おひとりさま”もグループも利用しやすいのがいい。

    しかも、店自体に駐車場はありませんが
    道を挟んで南向かいにある「高松市番町地下駐車場」に停めて駐車券を提示すれば
    25分のチケットをくれるので、車でも来店できるのが嬉しい◎


    そんなお店で注文したのは
    「ぶっかけうどん(冷)小280円」と「釜あげうどん 小280円」。

    今日も真夏日でめちゃくちゃ暑かったので「ぶっかけ」だけにしてもよかったけど、
    男麺が自慢だという店の説明文があったので
    麺の良し悪しよく分かる釜上げで確認してみたかったんです。

    ちなみに注文した時点で12時55分で、昼のピークが過ぎていた事もあって
    釜上げができるまで12~3分かかると言われましたが
    先に「ぶっかけ」を食べるので問題なし♪

    あと、ぶっかけを注文した時に大根おろしとレモンを入れるかどうか聞かれましたが
    わざわざ確認してくれるお店は意外と少ないので、
    レモンとかを入れたくない人には嬉しい心遣いだと思います◎

    というか、麺の量が多い!
    あれ?小じゃなくて中を注文したかな?と思ったほど。
    のぶ屋-ぶっかけ2.jpg

    しかも麺の艶は抜群だし、ちょい太めでエッジはしっかりしてるし
    見た目の期待を裏切らないコシもあって、かなりいい感じ♪
    のぶ屋-ぶっかけ麺2.jpg

    ダシは少し甘めだけど旨味がしっかりしていて
    “男麺”と謳う自慢の麺とのバランスも良かったです◎



    で、ぶっかけを食べ初めてから待つこと約12分で「釜あげ」が完成♪
    のぶ屋-釜上げ2.jpg

    平均的な釜あげの茹で時間が8分なのに対し
    これだけ時間が必要というだけで麺が太めなのが分かりますね。

    それだけ茹でていても麺の角が崩れてないのも麺がしっかりしてる証拠だし
    実際食べてみても柔らかすぎず、程よい弾力と表面のぬめりがいい感じ◎

    あと、つけダシは透明度が高く、
    ぶっかけの同じように最初に甘さを感じる甘旨のダシが
    味の全体的な印象をまろやかにしてるのが特徴的でした。
    のぶ屋-釜上げ麺2.jpg


    それと、一生懸命写真を撮ってる私が気になったのか
    店長さんがわざわざ声をかけてくれ、色々と話が聞けたのも良かったです♪


    ▽メニュー紹介

    ▼うどん
    「ぶっかけうどん(冷・温) 小280円/中330円/大380円」
    「肉ぶっかけ 小450円/中500円/大550円」
    「温玉ぶっかけ(冷・温) 小330円/中380円/大430円」
    「肉うどん 小390円/中440円/大490円」
    「山かけうどん 小300円/中350円/大400円」
    「山かけぶっかけ 小360円/中410円/大460円」
    「オクラブッカケ 小390円/中440円/大490円」
    「ザルうどん 小280円/中330円/大380円」
    「冷しうどん 小280円/中330円/大380円」
    「しょうゆうどん 小220円/中270円/大320円」
    「かけうどん(冷・温) 小220円/中270円/大320円」
    「釜あげうどん 小280円/中330円/大380円」
    「湯だめうどん 小280円/中330円/大380円」
    「釜玉うどん 小280円/中330円/大380円」

    ▼サイドメニュー
    「バラ寿し 130円」
    「いなり寿し 100円」
    「おにぎり 100円」
    「天ぷら各種 100円」
    「おでん 90円」
    「スジ肉 120円」
    「いなりあげ 120円」
    「わかめ 60円」
    「生卵 50円」


    【住】香川県高松市番町2-4-11 エムズビル1F
    【電】087-802-1070
    【営】10:00~15:00
    【休】日・祝
    【席】57席
    【駐】高松市番町地下駐車場利用の場合25分チケット配布
    【カ】不可




    0 0

    東バイパスをレインボーロードから東へ約500mの場所にある
    『珈琲哲學(コーヒーてつがく) 高松店』
    珈琲哲学-外観2.jpg


    洋館のような店舗、アンティークな雰囲気漂う店内、
    注文ごとにドリップするこだわりのコーヒー、
    本場イタリアから取り寄せた石窯で焼くピザなど、
    様々な魅力に溢れたお店は多くのファンを集め、
    お茶や食事をする目的以外にも憩いの場としても利用されています♪

    店内は広く、大きな空間にいくつかのテーブルが並んだゾーンと
    ソファ席が並んだゾーンがありますが、
    過去2度書いてる記事を確認してみると、毎回ソファ席を選んでる事に気づく。
    珈琲哲学-店内2.jpg


    このお店に限らず、私が席を選ぶ基準で最優先するのは料理の写真が綺麗に取れそうな場所。
    なおかつ店内の全景が撮りやすそうな場所という事を考えながら座るので
    同じ店を何度利用しても同じ席を選ぶというのは珍しくありません。

    なので、店員さんからすると他のお客さんがいないのに何故その席に座るのかな?
    と思う事もあるはず。

    しかも料理の写真を撮る時はたまに変な体勢になったりするので
    それらの要素を総合して、私に気づく人もいるのが面白い。


    ちなみに料理が綺麗に撮れる場所というのは店によって全然違うし
    同じ料理を撮るにしても角度やレイアウトも違うので
    機会をみて料理撮影の写真教室を開催できたらなと思います◎


    余談はさておき、このお店は過去にランチとピザの記事を書いてるので
    今回は推しメニューのパスタでも食べようかと思ったけど
    入口脇に置いてある黒板に桃をまるごと1個使ったデザートがあると書いてあったので急遽変更♪


    「まるまる桃の哲學桃子」と名付けられたスイーツは1日10個限定で税込700円。
    夕方頃だったので売り切れてるかなと心配だったけど運良く残ってました◎

    そして届いた桃は、本当にまるごと1個使用しているし
    小玉じゃなくて普通の大きさなのでボリュームもあります♪
    珈琲哲学-桃とドリンク2.jpg

    飯田農園という所で採れた完熟の桃は
    綺麗に皮を剥かれた上にジュレを纏っているので涼しげ◎
    珈琲哲学-桃子2.jpg

    当然ながら完熟桃というだけあって甘さと桃本来の味とみずみずしさが抜群で、
    糖度は15を超えてるとだろう思うほど甘くて美味しい☆

    で、その中には白餡が詰まっているのですが、
    これがまた上品な甘さで桃の味を邪魔してないのが素晴らしい♪
    珈琲哲学-桃子中身2.jpg

    せっかく生クリームを添えてくれてますが、
    桃の味を存分に堪能したくて、桃を完食した後に生クリームを食べたほど桃の味が最高でした◎

    という感じで旬の桃を贅沢に味わえるスイーツは
    早い者勝ちの数量限定なので是非とも期間が終了する前に食べてみてほしい逸品です♪


    【住】香川県高松市林町2538-1
    【電】087-815-2255
    【営】9:00~21:30(Lo.21:00)
    【休】不定休
    【席】96席
    【駐】40台




    0 0

    県道147線沿い、ミニストップ 高松多肥下町店の東隣にある
    『カフェダイニング CoCo Smile(ココスマイル)』
    ココスマイル-外観2.jpg


    以前は『Boite Cafe (ボワット カフェ)』で、
    更にその前は『cafe JAVA STYLE(カフェ ジャバスタイル)』だった場所です。

    基本的に外観はあまり変化ありませんが、
    前のお店の時は店内の手前半分が雑貨の販売スペースでしたが
    今は全てが食事を愉しめる客席へと変わりました。
    ココスマイル-店内奥2.jpg
    ココスマイル-店内2.jpg

    しかもそこはソファ席で、空間に余裕があるので
    ものすごく落ち着く雰囲気なのがいい♪

    で、店の肩書きにあるようにカフェとダイニングを兼ねているため
    ランチタイムを逃しても、しっかりとした食事が用意されてるのが嬉しい◎


    店員さんも清潔感と機敏な動きを兼ね備え、
    上品な接客をしてくれるので心置きなく食事に集中できます♪


    そんなお店で注文したのは「国産薄切り牛ステーキ&有頭海老フライ 1,480円」。

    ランチ以外の食事は、大まかに言うとステーキとチキン南蛮とハンバーグで構成されていて
    これがイチオシのようだったので選んでみました。

    そして待つこと約13分で出来上がった料理を見ると、
    ステーキとエビフライだけでなく、少量ながらチキン南蛮が付いてるじゃありませんか!
    ココスマイル-ステーキ&海老フライ2.jpg

    2つのおかずだけでも十分豪華そうに見えるのに、嬉しいサプライズです◎

    で、その味は“大衆食堂のちょっと斜め上”と表現したくなる
    安定の味を微妙に上品にしたような味。

    見た目ガッツリだし、量も手伝って適度にお腹にたまりそうなのに
    全体的な食べた感じが軽くて、女性でも余裕で完食できると思います。

    そこそこ大きさのある海老フライは冷凍物だったけど身はしっかり詰まっていたし
    ステーキは脂身の部分こそ歯ごたえありましたが、
    赤身の部分は柔らかくジューシーで甘さを感じる旨味が良かったです♪

    あと、タルタルソースが私の好きな具がゴロゴロしてるタイプだったのも嬉しかったです◎


    という感じで営業時間中いつでも食堂としても利用できるお店は
    平日は17時で閉まりますが、金・土・祝前日は23時迄営業しているのも便利だと思います。


    ▽メニュー紹介

    ▼Morning
    ※9:00~11:00
    「モーニング・コーヒー 350円」
    「モーニング・サービス 500円」
    「Aモーニング/CoCoSmileモーニング 600円」
    「Bモーニング/ビーフシチュー・トースト・モーニング 700円」
    「Cモーニング/ビーフシチュー&バケット・モーニング 800円」

    ▼Lunch
    ※11:00~15:00
    「Aランチ/平日限定日替わりプレート・ランチ 1,000円」
    「Bランチ/CoCoSmileスペシャル・ランチ 1,200円」
    「Cランチ/特選ステーキ・ランチ 1,400円」

    ▼Special Plate
    ※11:00~CLOSE
    「国産薄切り牛ステーキ&有頭海老フライ 1,480円」
    「国産薄切り牛ステーキ&自家製タルタルチキン南蛮 1,480円」
    「自家製タルタルチキン南蛮と有頭海老フライ 1,280円」
    「自家製タルタルチキン南蛮 1,130円」
    「デリシャス・ハンバーグと鶏からあげ 1,380円」
    「さっぱり大根おろしそハンバーグ 1,130円」
    「海鮮タルタル・サーモン&有頭海老フライ 1,280円」
    「ビーフシチュー&チーズハンバーグ・オムライス 1,380円」
    「CoCoSmile特選国産牛ステーキ丼 1,980円」
    「ミニステーキ丼&有頭海老フライ 1,510円」

    ▼Beefstew
    ※11:00~CLOSE
    「ビーフシチュー・チーズ・トースト 900円」
    「特製デミグラス・ビーフシチュー 1,000円」
    「ビーフシチュー・ドリア 1,200円」

    ▼Sweets
    「本日のおまかせ2種ケーキ・プレート 700円」
    「プリンセス・ケーキ・ディッシュ 800円」
    「ソフトクリーム・アレンジ・パフェ 600円」
    「コーヒーゼリー・パフェ 500円」
    「シフォンケーキ 400円」

    ▼SideMenu
    「揚げたてポテトの盛り合わせ 600円」
    「フィッシュ&チップス 700円」
    「新鮮野菜のシーザー・サラダ 600円」
    「グリルチキン・サラダ 700円」


    【住】香川県高松市林町2585-6
    【電】087-813-8636
    【営】9:00~17:00/金・土・祝前日9:00~23:00
    【休】木曜
    【席】40席
    【駐】12台




    0 0

    高松三越から丸亀町商店街を約120m南下した場所にある
    『サンマルクカフェ 高松丸亀町店』
    サンマルク-外観2.jpg


    『函館市場』『鎌倉パスタ』『神戸本町ドリア』等も展開する会社が展開する業態の一つ。

    以前からここは『サンマルクカフェ』でしたが、
    店舗とメニューをリニューアルし、パスタも食べられるようになりました。

    パスタは週替りで4種類ずつ用意され、
    470円から560円というリーズナブルさは嬉しいけど
    同じ会社の『鎌倉パスタ』が160mくらいしか離れてない場所にあるというのもすごい。


    あと、焼きたてパンも推してるお店でしたが
    ホットサンドのラインナップが増えてパンと一緒に野菜も摂れるようになったので
    炭水化物ばかりだと糖質が気になる人にもオススメ。


    お店を切り盛りするスタッフさんは全員がシステムに沿った接客で、
    日本人だけでなく海外のお客さんも次々とこなしていました★★★
    サンマルク-レジ2.jpg
    サンマルク-客席2.jpg


    そんなお店で注文したのは「デニブラン」のプレーン390円♪
    サンマルク-デニブラン2.jpg

    サクサクで香ばしいデニッシュの上にソフトクリームを乗せ、
    アーモンドスライスをトッピングし、とメープルシロップをかけたシンプルなデザートですが
    デニッシュとソフトクリームのクオリティが高いので素直に美味しい♪♪
    サンマルク-デニブランアップ2.jpg


    ちなみにリニューアル前はデニブランは和風の1種類しかありませんでしたが
    今は3種類に増えただけでなく、アイスクリームがソフトクリームになったのは嬉しい◎

    という感じで常連さんにも飽きられないように、
    かつ時代の流れに沿うようにマイナーチェンジの努力をしているからこそ
    飲食店不況の時代でも色んな業態を維持し続けられてるのだと思います。


    ▽メニュー紹介

    ▼今週の生パスタ
    「4種類の中からお好みのパスタをお選びください。 470円~」

    ▼期間限定
    「レモンチーズチョコクロ 180円」
    「名物カレーパン 230円」
    「3種豆のチリビーンズエビ 230円」
    「レモンカスタードパン 200円」

    ▼ホットサンド
    「スパイシービーフクリームチーズホットサンド 390円」
    「ベーコンエッグとたっぷり野菜ホットサンド 390円」
    「ハムチーズホットサンド 390円」
    「花畑牧場モッツァレラとバジルソースホットサンド 390円」

    ▼かき氷
    「いちご 550円」
    「抹茶金時 550円」
    「マンゴー 550円」

    ▼パフェ等
    「自家製ゼリーパフェ 490円」
    「ストロベリーパフェ 590円」
    「プリン&チョコパフェ 590円」
    「プリンアラモード 590円」
    「白玉クリームぜんざい 540円」

    ▼デニブラン
    「プレーン 390円」
    「和風あずき 440円」
    「ミックスベリー 440円」

    ▼できたてフレンチトースト
    「プレーン 490円」
    「ミックスベリー 540円」
    「チョコバナナ 540円」


    【住】香川県高松市丸亀町2-3
    【電】087-821-0309
    【営】7:30~22:00
    【休】無休
    【席】136席
    【駐】無し