Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

食べて 食べて また食べて♪

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 120 | newer

    0 0

    香川県運転免許センターの手前にある
    『手打うどん つるや 郷東店』
    手打うどん つるや-店外.jpg


    数年前までは『つるや食堂』というお店でした。
    そして、高松在住の人ならほぼ知っていると思いますが、
    このお店は昔から運転免許の学科教室も同じ建物で営んでいます。


    かくいう私もはるか昔、原付免許の試験を受ける日に
    ここに講義を聴きに来た一人です◎
    そう、ここは免許センターで当日行われる筆記試験の問題にかなり近い問題を
    このお店で勉強して合格する確立を限りなくアップさせるのが目的のものです♪



    そんなお店が食堂からうどん屋さんに業態変化して現在に至ります。
    ちなみに食堂時代は学科教室は客席でそのまま実施されていましたが、
    現在はお店の2階に専用の部屋を設けているようです。
    手打うどん つるや-店内.jpg

    そこで食べたのが「かけうどん 小 300円」。
    セルフにしてはちょっと高めな値段設定ですね。

    かまぼこも入ってるし、無料トッピングのかき揚げの中に
    ちょっと海老が入っていたから、まぁいいか♪
    手打うどん つるや-かけうどん.jpg

    そういえば、このお店一番おすすめなのが「芝えびかき揚げ 140円」なので、
    それの破片が天かすの中に入ってたんでしょうね。
    ちょっとラッキー♪♪

    このお店から結構近い場所に高松中央卸売市場があるので、
    毎朝、瀬戸内海でとれたての芝エビを仕入れる事ができるんだそうです。
    ピンク色に光るプリプリエビを、殻をつけたままかき揚げにしてるので香ばしさ抜群らしいです。


    そんなかき揚げのおこぼれを入れて食べたうどんは、いわゆる平均的なセルフの讃岐うどん。
    免許センターに用事がある時には便利なお店です◎


    【住】香川県高松市郷東町587-177
    【電】087-881-2367
    【営】6:30~15:00
    【休】水曜日
    【席】26席
    【駐】10台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    “あなたに優しいスープの物語”をテーマに
    お店で手作りした美味しいスープをテイクアウトできる
    『Soup Histoire (スープ イストワール)』さんの
    7月26日~7月30日までの期間限定スープをご紹介♪



    「つぶつぶ豚じゃがスープ」
    S 270円/M 380円/L 450円
    イストワール-つぶつぶ豚じゃがスープ.jpg

    押し麦とマスタードのつぶつぶ食感をプラス。
    ボリューム満点です。



    「大豆入りパンプキンスープ」
    S 260円/M 360円/L 430円
    イストワール-大豆入りパンプキンスープ.jpg

    皮ごとつぶしたかぼちゃのスープに大豆を入れました。
    美肌づくりに◎


    ▼このお店の詳しい情報もご覧ください。
    ■PC版はこちら
    ■携帯版はこちら

    0 0

    香川県立総合水泳プールの北側にある
    『国分寺うまか飯店』
    国分寺うまか飯店-店外.jpg


    店の外にたくさんメニューが書かれていて車で通りがかっても目を引くお店です。
    この感じはちょっとだけ『紅虎餃子房』に似てる感じがする。

    あと、居酒屋をたくさん展開している『うまか房』と同じグループです。


    気軽に安い中華を食べれるのがコンセプトのようで、
    どの料理も結構リーズナブルだから家族連れでも利用しやすいですね。


    で、この時注文したのは「塩ラーメン 540円」。
    メニューには【10%券利用で480円】と書いてあったので、
    どこかでクーポンGETするのかな。と思っていたら、食べ終わって会計したらくれました♪
    でも注文した時は当然まだ券を持ってなかったので定価のまま。


    11時30分くらいに入店したので、お客さんいっぱいで待ち時間が長いのを覚悟していたけど
    運よく他にお客さんがいなかったので提供時間はかなり早かった◎
    国分寺うまか飯店-店内.jpg


    塩ラーメンって、よく塩が強すぎてちょっと不満に感じる事があるけど
    ここの塩ラーメンは、まろやかな塩ラーメンだったので食べやすかったです。
    国分寺うまか飯店-塩ラーメン.jpg

    チャーシューは味が濃くて高級ハムのような味で美味しかった♪
    ほんのり『中華そば 波』のチャーシューに似た味です。

    あと、ちょっぴり入ってたワカメが すごく自然な海の味がしてよかった☆



    【住】香川県高松市国分寺町新居3-1
    【電】087-874-8433
    【営】11:00~22:00/Lo.21:00
    【休】不定休
    【席】30席
    【駐】15台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    香川県立総合水泳プールの北側にある
    『手打うどん まるや』
    手打うどん まるや-店外.jpg


    車の通行量が多く、通りがかりにたまたま立ち寄るには少し不便な立地ながら
    毎日たくさんの常連さんがここを目当てに来店しています。
    手打うどん まるや-店内.jpg

    王道メニューだけを扱っているのは味に自信のある証拠ですね。


    となれば、注文も当然王道の「かけうどん 180円」。
    これぞ毎日でも食べれる讃岐の常用食です♪

    セルフなので、うどんをもらってから外の日が射し込む明るい席へ座った。
    手打うどん まるや-かけうどん.jpg


    そしてシンプルなうどんを口へと流し込む。
    プツン!と噛み切れる弾力をもった麺はコシにまるみを感じて優しく、力強い。
    コシが強すぎないので女性や小さい子供でもほどよく麺のコシを堪能できるでしょう。

    ダシは、そんな麺を邪魔せず上手に引き立ててくれるあっさり味です。

    そういえば、うどん屋さんでもラーメン屋さんでも
    麺よりもダシやスープのほうがコストがかかっているので、
    全然飲まずに残されると少し残念だとたまに聞くので私は絶対に全て飲み干します♪

    といっても、塩分も多いのでみなさんは気をつけてくださいね◎


    【住】香川県高松市国分寺町新居8-6
    【電】087-874-8622
    【営】7:30~15:00
    【休】月曜日
    【席】36席
    【駐】15台

    YAHOO!地図で見る

    0 0
  • 07/27/10--12:39: 『うどん 一福』
  • 香川県立総合水泳プール西側の三叉路と線路が交差する場所にある
    『うどん 一福』
    一福-店外.jpg


    私が物心ついた頃にはすでにここにはうどん屋さんがあって、
    記憶が確かならば2度ほど火事になった事があった場所です。

    しかし、その時のうどん屋さんは廃業してしまったらしく
    その後に現在の『一福』さんが営業を開始したようです。
    ちなみに店名は以前のお店と同じです。


    あと、ここのご主人は 自分でネギを切るので有名な
    土器町の『中村』で修行していたそうで、それを知っているファンも来店するとか。
    一福-店内.jpg


    セルフなので何を注文しようかな。と思いながら列に並んでメニューを見たり
    他のお客さんが食べてるのを見ると、遠目で見てもわかるくらい細い麺だったので、
    麺そのものを味わってみたいと思い「冷ぶっかけ 小 230円」を注文した。


    麺にダシをかけて渡されるので、ネギ、大根おろし、天かす、生姜を自分で乗せて席へ。
    一福-ぶっかけ.jpg


    あらためて近距離からみても麺は細い。
    極細とまではいかないけど、だいぶ細い。

    そして食べてみて勝手に解釈すると、この細さなのにかなりコシが強いんです。
    という事は通常の太さに麺を打つとコシが強くなりすぎて食べるのに疲れるからかも。


    もちろんコシが強いだけでなく、しっかりと美味しい♪
    いつも前を通る度に駐車場に車がいっぱいだったのに納得。


    機会があれば、「かけ」「釜あげ」は食べてみたいと思えるうどんでした◎



    【住】香川県高松市国分寺町新居169-1
    【電】087-874-5088
    【営】10:00~14:00/土・日・祝は15:00迄
    【休】金曜日
    【席】34席
    【駐】9台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    端岡駅の約150m東側にある
    『讃岐の香り うどん石川』
    石川うどん-店外.jpg


    以前は『飛ざる』というセルフのうどん屋さんだった場所です。

    残念ながら私は行った事がないので前のお店との違いは分かりませんが、
    前と同じようにセルフのお店だと思って一歩入ってみて驚いた。


    それはまるで日本そば店か和食屋さんの雰囲気。
    厨房にはいかにも料理人といった格好の職人達がいて、
    ホール担当のスタッフはこれまた高級和食屋さんのような和テイストの制服で出迎えてくれます。
    石川うどん-店内.jpg


    もちろんセルフ店ではなくなっているので席へ案内される。
    テーブルには定番メニューが載ったお品書きがあるのですが、
    席へ着くなりオススメの説明を丁寧にしてくれました。


    それが今回注文した「天醤油うどん 890円」。

    実を言うと、このお店に来る前に うどんを4杯とラーメン1杯を食べてたので
    このお店はシンプルなメニューを注文しようと思っていたのですが
    説明を聞く限り、天ぷらに並々ならぬこだわりがあるようだし、
    しかもデザートに山形県産のさくらんぼ“佐藤錦”が付いてくるとあったのでこれを注文しました♪

    そう、さくらんぼ大好きなんです♪♪
    しかも山形産は一番好きなのでたまりません☆


    待つこと数分…揚げだちの天ぷらと共に豪勢なうどんがやってきた◎
    石川うどん-天醤油うどん.jpg

    すると最初の説明に負けず劣らず、天ぷら・うどんの説明を丁寧にしてくれました。
    これはまるで天ぷら専門店みたいな感覚に陥ります♪


    ちなみに天ぷらの内容は日替わりで、この日は
    海老、大葉、香川県産 おくら、高知県産 千両茄子、青森県産 長芋、
    徳島県産 新れんこん、鹿児島産 新じゃが、泉州産 水茄子、の9種類。
    石川うどん-天ぷら.jpg


    特に茄子は2種類あって、先に水茄子を食べたほうが味の違いが分かります。と教えてくれました。
    ただ、天ぷらにつける物が“抹茶塩”だけなのが少々残念でした。

    もちろんそれをつけて食べるのが一番美味しいと思って提供しているはずですが、
    抹茶が苦手な人は何気に多いので他の塩もあったほうがいいし、
    やっぱり天つゆもほしいですね。
    全部出すのはコストがかかると思うので、注文時にお客さんに選んでもらうといいのになと感じました。

    味は自信を持っているだけあって上品でしつこくなくいい感じ。



    そして うどんは“醤油うどん”なので自分で調節しながら麺に醤油を少しずつかけてゆく。
    輝きを放つツヤツヤの麺は天ぷらと同じく上品な味。
    かつ、コシもそれなりにあって食べ応えも十分でした。
    石川うどん-うどん.jpg



    接客も雰囲気も料理も一般的な讃岐うどん店の規格とは一線を画すお店でした。


    【住】香川県高松市国分寺町新居349-4
    【電】087-874-8679
    【営】10:00~15:00
    【休】火曜日
    【席】34席
    【駐】15台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    龍雲中学校から東へ約500mの場所にある
    『讃岐うどん ぼっこ屋 仏生山店』
    ぼっこ屋-店外.jpg


    県道三木国分寺線沿いにあるお店なので車の往来が非常に多い。
    特にトラック等の通行が多いのでそういった人達も立ち寄れるように
    駐車場が広いのがいいですね。

    店の雰囲気は、よくあるセルフうどん店と同じで老若男女誰でも気軽に利用できる雰囲気。
    この時はお客さんも多くて茹で上がる麺が少し追いついてなかったほど。
    ぼっこ屋-店内.jpg


    定番メニューを貼り出している場所とは別の所に
    「新メニュー 温玉うどん 200円」と書いてたので
    せっかくだからそれを注文しようとお店の人に伝えたら、
    「大ですね~。」と当たり前のように言われたので「いえ、小でお願いします。」と訂正しました。

    そんなにいっぱい食べるように見えるのかな(笑)
    もちろん、全開で食べれば最低9玉は食べれますが最近は身体をいたわってセーブしてます♪



    私の順番の時も少し麺があがるのに時間がかかると言われたので
    先に会計を済ませて席でしばらく待ちました。

    麺を受け取りに行った時に「ダシにしますか?醤油にしますか?」と聞かれたので
    「どっちがオススメですか?」と聞き返したら
    「どっちもオススメですけど、ダシのほうが量は多いです。」
    と、味と関係ない返答をされましたが一応ダシにしてもらいました。


    で、麺を見たときに「あれ?」と思ったのですが
    私はてっきり釜玉の温泉卵バージョンだとばかり思っていたのですが
    普通に湯で温めた麺に温泉玉をのせてダシをかけたうどんでした。
    ぼっこ屋-温玉うどん.jpg


    生卵よりはコクを強く感じる温泉卵と、ダシを麺にしっかりからめて食べる。
    熱くなく、温いうどんなので何だか味が優しく感じました。
    ぼっこ屋-温玉うどんアップ.jpg


    【住】香川県高松市三谷町1701
    【電】087-889-4778
    【営】9:00~18:00
    【休】年中無休
    【席】86席
    【駐】50台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    以前『味の時計台 レインボー通り店』だった場所にある
    『北海道ラーメン奥源流 久楽 -ku ra-』
    久楽-店外.jpg


    平成22年7月20日にオープンしたばかりで、
    前のお店と同じで北海道ラーメンのフランチャイズのラーメン店です。
    久楽-店内.jpg

    しかし、北海道のラーメンといえば当然味噌ラーメンを食べるべきですが、
    今回は「醤油つけ麺 680円」を注文しました。


    つけ麺は普通のラーメン用に使用している麺よ太くて
    茹で時間がかかるため提供の順番が変わる事があるそうです。

    なので、提供に最低でも7分以上かかると思っていたのに
    3~4分くらいで持ってきた。
    久楽-つけ麺.jpg


    確かにそこそこ太いけど“極太麺”とまではいかない。
    『ダントツラーメン』級の麺を“極太”と認識してるから麻痺したのかな?(笑)


    食感はだいぶ固めだったので もしかしたら通常の茹で時間より早くあげたのかも。
    スープは、醤油つけ麺のほうにも少量の味噌が入っていました。

    あと、他のテーブルのお客さんがつけ麺を食べた後に「割りスープ」を注文していましたけど
    メニューには記載がありませんでした。


    【住】香川県高松市松縄町1030-5
    【電】087-864-3811
    【営】11:00~24:00
    【休】年中無休
    【席】65席
    【駐】共有駐車場有

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    高松三越の南側の路地にある
    『手打うどん渡辺高松店 義経』
    義経-店外.jpg


    木の葉型の天ぷらで名を馳せた高瀬町の「手打うどん渡辺」の支店。

    天ぷらうどんを食べようかと思ったけど、
    「すうどん」という懐かしいお品書きに魅かれてしまったので
    結局「すうどん 小 250円」を注文しました♪


    今はほとんどのお店が「かけうどん」と書いてあるので今では珍しい書き方です。


    歴史のあるお店で、セルフではないので席について注文するのですが
    店に入るなり水が入ったコップと、ネギと生姜が入った入れ物を持ってきてくれました。
    義経-店内.jpg


    いつもそうなのか、ピーク時間には全テーブルに置いてるのか分かりませんが、
    わざわざ薬味を持ってきたのは初めて見たかも。
    しかも他のお客さんが来たらそっちへ持って行ってました♪


    あと、コップの水が減ってるのを見て、言わなくてもついでくれるのは普通だけど
    別のコップに水をついできて、そのコップから私のコップにそそいでくれたのが面白かった◎


    で、かんじんのうどんのほうは、ダシが少しだけ甘めだけど濃くて個人的には好きな感じ。
    麺は、あきらかに時間が経った物だけどそこそこコシがあってよかったです♪
    あと、きざみ海苔が入ってるのもいい感じ。
    義経-すうどん.jpg



    【住】香川県高松市片原町1-14
    【電】087-822-9023
    【営】11:00~18:00
    【休】木曜日
    【席】27席
    【駐】無し

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    “あなたに優しいスープの物語”をテーマに
    お店で手作りした美味しいスープをテイクアウトできる
    『Soup Histoire (スープ イストワール)』さんの
    8月2日~8月6日までの期間限定スープをご紹介♪



    「チキントナスのココナツカレー」
    S 280円/M 400円/L 470円
    イストワール-チキントナスのココナツカレー.jpg

    洋風ベースのスープカレーにココナツミルクが入ってマイルドに。
    夏にぴったりの味わい。



    「豆腐バーグのおろしそバーグ」
    S 250円/M 350円/L 420円
    イストワール-豆腐バーグのしそおろしスープ.jpg

    手でこねたふわふわの豆腐バーグにはさっぱりしそおろしがよく合います。


    ▼このお店の詳しい情報もご覧ください。
    ■PC版はこちら
    ■携帯版はこちら

    0 0

    10号線のスーパーオートバックスから少し北へ行った場所にある
    『うどん屋 まつはま』
    まつはま-店外.jpg


    平成22年5月27日にオープンしたこのお店のご主人は
    県内の有名うどん店で修行したそうです。


    セルフ方式のこじんまりとしたお店ですが
    テーブル席と座敷席があるので年齢を問わず利用できます。
    まつはま-店内.jpg


    メニューを見ると定番うどんとは別に
    『ながもうどん』というのがあって、それがお店のオススメだったようです。

    さらにその横に『梅ながもうどん』というのがあったので、
    せっかくなので、それを注文する事にしました。


    温かいのと、冷たいのを選ぶように聞かれたので
    どっちがオススメか聞き返すと、
    「私は冷たいのが好きです♪」と教えてくれたので素直に冷たいのにした◎
    ちなみに値段は400円でした。
    まつはま-梅ながもうどん.jpg


    そして最初から意味が分からなかった“ながも”なる物は、
    “長藻”という粘性のある海藻で、ずるりと口に入ってくる食感がいい♪

    麺は結構いいハリとツヤで、コシもそれなりにあってレベルが高かったです☆


    その麺と、ながもと、梅をグリグリッとまんべんなく混ぜて食べると
    なかなかに美味しい☆
    暑い夏にはピッタリの爽やかさをあたえてくれる上品なうどんでした。



    【住】香川県高松市元山町308-1
    【電】087-847-3439
    【営】10:30~14:00 (麺がなくなり次第終了)
    【休】不定休
    【席】24席
    【駐】5台

    YAHOO!地図で見る

    0 0
  • 08/02/10--08:00: 黒毛和牛ミスジ♪
  • 『お好み焼き ふみや 鍛冶屋町店』と同じビルの1階にある
    『ホルモン倶楽部 シージャン』に新商品が登場したので写真を撮らせていただきました。



    肉が本当に好きな人にはたまらない、
    希少部位の「黒毛和牛 ミスジ 一人前1,800円」。
    シージャン-黒毛和牛ミスジ.jpg

    牛の肩(うで)部分の赤身肉で
    1頭から約2kgと、取れる量が少ない超希少なお肉で「幻の肉」と呼ばれています。
    お肉の質はとてもやわらかく、味は霜降りが多いのに油っこくなくあっさりとしているそうです。

    あと、「沖縄 あぐー豚 一人前700円」も最近取り扱いをはじめました。



    それと、他にも数品写真を撮ったのでせっかくだから載せておきます♪

    「極上和牛ロース 一人前1,600円」
    シージャン-極上和牛ロース.jpg

    「特選トロタン 一人前1,680円」
    ※限定品
    シージャン-特選トロタン.jpg



    肉が美味しいのはもちろんですが、このお店には他にも人気のメニューが多数存在します。


    その中でも人気が高いのが、「ビビン冷麺 740円」。
    シージャン-麺.jpg

    一般的な韓国冷麺にアレンジを加え、辛すぎず酸っぱすぎず
    まろやかな味をもった冷麺は、夏に限らず一年を通して注文される人気メニューです。


    あと、焼肉には白ご飯がつきものですが、
    ここにはタラコとチャンジャを韓国海苔で巻いた「タラチャン巻き 580円」も人気が高くてオススメです。
    シージャン-タラチャン巻.jpg


    あー。こんな記事書いてたら焼肉食べたくなってきた(笑)


    ▼このお店の詳しい情報もご覧ください。
    ■PC版はこちら
    ■携帯版はこちら

    0 0

    福田町グルメ通りにある『もつ鍋処 じょうもん』さんの
    三周年キャンペーンの第2弾が開始されました。


    平成22年8月31日迄、
    19:30まで限定で「ビール半額」で飲めます♪

    熱い夏、思う存分ビールを堪能してください◎


    ▼このお店の詳しい情報もご覧ください。
    ■PC版はこちら
    ■携帯版はこちら

    0 0

    トキワ新町を、菊池寛通りから北へ入って1つ目の交差点の角にある
    『ママの店 音羽家 (おとわや)』


    実食はしてないけれど、“月刊まちナビ”の撮影でお世話になったので
    せっかくだから写真をアップしておきます。

    すごく感じのいいママさんが作った日替わりの“おばんざい”や、
    低料金でボリューム満点の料理が楽しめるお店です。


    お昼どきには、280円~の激安弁当も売っているそうで、
    不景気で財布の寂しいサラリーマンやOLさん達を中心に人気を博しています。



    そのせいか、一品料理も食堂的なノリで量が多いので
    何種類か食べたい場合は2~3人とかで来店したほうがいいかも(笑)


    カウンター席でママと会話を楽しむもよし、
    奥の座敷席で仲間だけで楽しむもよし、の気楽に利用できるアットホームなお店です。

    「からあげ 500円」
    音羽家-からあげ.jpg


    「とりわさ 500円」
    音羽家-とりわさ.jpg


    「チキン南蛮 380円」
    音羽家-チキン南蛮 380円.jpg


    「だしかけ玉子焼き 380円」
    音羽家-だしかけ玉子焼き.jpg


    「とりユッケ 500円」
    音羽家-とりユッケ.jpg


    音羽家-カウンター.jpg音羽家-座敷.jpg


    【住】香川県高松市瓦町2丁目1-17
    【電】087-834-7234
    【営】17:30~23:00、金・土は24:00迄
    【休】日曜・祝日
    【席】16席
    【駐】無し

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    玉藻中学校の東側の道、高畠医院の北2軒隣にある
    『徳島らーめん げん屋』
    げん屋-店外.jpg


    平成22年8月4日にオープンしたばかりの新しいお店です。
    プレハブのような簡素なお店は、カウンター席だけでこじんまりとしています。

    初老のおじさんとおばさん二人で営んでいるようで、
    そこはかとなく温かみを感じるお店です。
    げん屋-店内.jpg


    そして、現在は期間限定で通常550円の「並らーめん」を300円で食べられるのが嬉しい♪

    比較的家から近い場所にあるのですが、普段あまり通らない道にあるので気がつかなかったけど
    知り合いがわざわざ電話で教えてくれたのでした。◎感謝◎


    お客さんは店主の知り合いが多かったようで、結構会話が飛び交っていました。
    そんなやりとりのタイミングを見計らって、激安の並らーめんを注文。


    すると2~3分ほどでラーメンができて厨房からカウンター越しに直接渡してくれました。
    げん屋-並らーめん.jpg

    ちなみに私が“徳島ラーメン”に持っている印象は、
    “すき焼きが乗った濃いめの豚骨醤油ラーメン”というもの。


    もちろんこのお店の味もそんな感じですが、生卵はトッピング制なので
    ラーメンだけ食べると“すき焼き”の印象はあまり無い。

    あと、徳島ラーメンには博多ラーメンに負けず劣らず独特の香りがあるため
    苦手な人はなかなか受け付けられない。
    ただ、その味にハマった人は逆に徳島ラーメンの虜になってしまうようです。


    かくいう私も徳島ラーメンはどちらかというと苦手なほうですが、
    テーブルに用意されている粉末状のニンニクや、高菜漬けを入れると
    食べやすくなってよかったです♪


    【住】高松市木太町2063-1
    【電】?
    【営】11:00~14:00/17:00~23:00(無くなり次第終了)
    【休】不定休
    【席】13席
    【駐】3台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    片原町商店街をフェリー通り側から入ってすぐの場所にある
    『和風ダイニング 浅草亭』
    浅草亭-店外.jpg


    手打ちうどんと軽割烹という肩書きもあるせいか、
    セットメニューには、寿司や天ぷらが入っている物が多いのが特徴です。
    浅草亭-店内.jpg


    こういうタイプのうどん屋さんは夜も営業しているのがほとんどですが、
    このお店は昼過ぎの15時に閉店するのでこれまた驚き。

    扱うメニューが豊富なので、実に色んなセットがあるので選ぶのに困るほどです。



    結局、数あるセットメニューの一つである「得とくセット 600円」を食べてみることに。


    軽割烹というだけあって落ち着いた雰囲気の店内で
    リラックスしているうちに結構早く料理ができてきました◎

    そしてそのセットには自慢の手打ちうどんはもちろん、
    ウナギとマグロのカルパッチョが付いてて豪華!
    しかもこれが600円て!!安すぎ(笑)
    浅草亭-得とくセット.jpg


    うどん自体も、さすが手打ちだけあってそこそこコシがあってモチモチしてて食感がいい。
    冷たいダシにネギ、ゴマ、とワサビを薬味で入れるのですが
    ワサビの風味が大人な味でいい感じ。


    ウナギは残念ながら国産物ではありませんが、値段からすると十分満足できるレベル。

    そしてマグロのカルパッチョは、マグロがなかなか新鮮でかなり良かったです♪



    【住】香川県高松市片原町2-3
    【電】087-821-0340
    【営】11:00~15:00
    【休】不定休
    【席】65席
    【駐】無し

    YAHOO!地図で見る

    0 0
  • 08/06/10--13:19: 『玉藻うどん』
  • 瀬戸大橋通りから北浜alleyに向かう途中にある
    『玉藻うどん』
    玉藻うどん-店外.jpg


    オシャレなお店が並ぶ“北浜alley”と目と鼻の先にある庶民に愛されるうどん屋さん。


    天ぷら系のうどんが人気のお店ですが、
    「讃岐和牛うどん」という素材にこだわりまくったうどんも目を離せません。


    だけども注文したのは基本中の基本の「かけうどん 220円」(笑)


    エッジのきいた麺で、ほどよいコシの強さ、
    ちょっぴり濃い目に味付けされたダシ、どれをとっても及第点の少し上をいく上物でした。
    玉藻うどん-かけうどん.jpg


    ちなみにこのお店はカウンター席だけで、このタイプのお店は比較的お客さんの回転率がいい。
    しかし、このお店はそんなお店の中でもかなり回転率がよかった。
    玉藻うどん-カウンター.jpg

    たまたまだったのかもしれませんが、一人として前に来てたお客さんが
    後から来たお客さんより食べ終わるのが遅いという事がないのは珍しい光景でした。


    そして、それよりも珍しかったのが、昔の魚屋さんや八百屋さんのように
    つり銭カゴが客席の目の前にぶらさがっていた事でした♪
    玉藻うどん-つり銭カゴ.jpg

    他人に対しての信頼関係が希薄になっている現代において
    こういう光景を見ると、まだまだ人間は大丈夫。と安心します◎



    【住】香川県高松市北浜町13-11
    【電】087-826-5454
    【営】11:00~14:00/土・日・祝は15:00迄
    【休】木曜日
    【席】18席
    【駐】8台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    サンメッセ香川の南にあるファミマから東へ約150mの場所にある
    『手打ちうどん 和希』
    和希-店外.jpg


    入り口で大量の招き猫が迎えてくれるセルフうどん店。

    店内は結構広めで、ボリュームたっぷりの定食を求めて来店するお客さんも多いとか。
    和希-店内.jpg


    この時は何となく「釜あげうどん」が食べたかったのですが、
    時間が14時くらいだったので無理だと思いながら聞いてみたら
    やっぱり当日分の釜入れは終わっているとの事で「かけうどん 小 200円」を注文しました♪


    注文を聞いたおばちゃんが奥へ行ってうどんを丼に入れてきたのを見るとやたら量が多い。
    へぇ~。ここは量がすごく多いんだなぁ。
    と思いながらレジへ進むと「290円ね~。」とさっきのおばちゃんに言われた。

    あれ?と思ってメニューの値段を確かめると“大”の値段だ。
    おばちゃんに確認すると、「あー!!ごめんねー!!(汗)」と急いで作り直してくれました♪
    やっぱり私っていっぱい食べるように見えるのかな。(笑)


    ともあれ、受け取ったうどんをお湯で温めて、蛇口から出るダシをかけて薬味を入れる。
    ここでちょっと珍しかったのが、きざんだ昆布があった事です。
    おそらくはダシ取りに使った昆布をトッピングとして利用してるのでしょうね。

    『源内うどん 高松店』では、ダシ取りに使った昆布を袋に入れて無料配布していたので
    それと同じ事だと思います。



    そんなうどんの味は、麺が少しかためで噛み応えがありました。
    いわゆるコシの強いのとは違う、普通のかたさです。
    和希-かけうどん.jpg

    ダシはやさしい味でちょっぴり薄め。
    甘い味の昆布と、焦げ目のついた天かすが印象的なうどんでした。


    【住】香川県高松市六条町青木711-2
    【電】087-889-3966
    【営】7:00~15:00
    【休】年中無休
    【席】85席
    【駐】12台

    YAHOO!地図で見る

    0 0

    “あなたに優しいスープの物語”をテーマに
    お店で手作りした美味しいスープをテイクアウトできる
    『Soup Histoire (スープ イストワール)』さんの
    8月9日~8月12日までの期間限定スープをご紹介♪



    「豚肉と茄子のトマト味噌スープ」
    S 260円/M 360円/L 430円
    イストワール-豚肉と茄子のトマト味噌スープ.jpg

    強い日射しに負けない夏野菜を使った抗酸化力の高いスープ。
    トマトのリコピン、ナスのナスニンはその代表です。



    「白湯スープ餃子」
    S 260円/M 360円/L 430円
    イストワール-白湯スープ餃子.jpg

    つるっともちもちの水餃子に豚骨ベースのスープを合わせたら、
    驚くほどあっさり仕上がりました。


    ▼このお店の詳しい情報もご覧ください。
    ■PC版はこちら
    ■携帯版はこちら

    0 0

    24時間スーパーのハローズ六条店のすぐ南にある
    『セルフうどん やました』
    やました-店外.jpg


    いわゆるオーソドックスなセルフうどん店です。
    やました-店内.jpg

    色々とお店オススメのメニューが貼り出されている中で、
    「釜かけうどん」というのが気になったので、それを注文しました。

    釜からあがるのに5分ほどかかるとの事だったのでとりあえず席に着いて待つ事に。
    そこで改めて「釜かけ」のPOPを見ると、横に
    “釜からあがった麺に、かけうどんのダシをかけたものです。うどん通に人気。”
    と書いてあった。


    この「釜かけ」というスタイルは、たいていどこのうどん店でも頼めばしてくれる物ですが、
    それをわざわざ書いてあるのは初めて見たので珍しかった。

    ちなみに私が究極に大好好きなうどん店
    『がもううどん』で食べる時は100%このスタイルで食べます☆☆☆



    待つこと数分、呼ばれて取りに行くと
    「ダシは温いのと冷たいのと、どっちがいいですか?」と聞かれたので当然温いのにしてもらった。
    というか、冷たいダシをかけたら釜あげ状態の麺でもらう意味があまり無いような気が…(^~^;)ゞ


    丼を渡してくれながら「生姜を多めに入れたほうが美味しいですよ。」
    とアドバイスしてくれたので素直にたっぷりと入れる。

    その後、会計をしにレジへと進むと
    「350円ですね~。」と言われる。

    え!?と思いながらメニュー表を確認してみると
    「かけうどん 230円」とあったので店の人に確認すると、
    「釜あげの麺なんで、釜あげうどんの値段になるんですよ。」との事。

    確かに「釜あげうどん 350円」とメニューにあるけれど、
    かけうどんの麺を釜あげで入れただけで値段が上がるのは初めてだったので驚いた。

    最初に書いた「釜かけうどん」のPOPには値段が書いてなかったので、
    私のように、当然「かけうどん」の値段だと思って注文する人もいると思いますのでご注意下さい。

    ※普通は、かけうどんの麺を釜あげでもらっても値段があがるお店は無いのでご安心下さい。


    ともあれ、お金を払って実食。
    水で締めてない釜あげの麺なので表面にヌメリがあるのが特徴です。
    味は平均的で食べやすいうどんでした。
    やました-釜かけうどん.jpg


    【住】香川県高松市下田井町359-2
    【電】087-847-9993
    【営】11:00~15:00/土・日・祝10:30~15:30
    【休】水曜日(祝日の場合は翌日)
    【席】49席
    【駐】23台

    YAHOO!地図で見る

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 120 | newer